人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

真っ当過ぎる正論ほど残酷なものはない

本日より、第84回選抜高校野球大会が開催しました。

冒頭に行われた石巻工業高校の阿部主将による選手宣誓、
本当に堂々たる宣誓で、本当に格好良かったし、勇気付けられました。


ただ、そんな気持ちもあるジャーナリストの方の
とあるツイートを目にして一気に冷めてしまいました。


や、まあ、正論だけどさ。

でもその言い方はないわ、という感じです、はっきり言って。


たしかに言葉だけ取ると、
大人の思惑が見え隠れしていて素直には受け取りにくい
宣誓の言葉ではあったのかもしれないですよ。

けど、でも、だったらその指摘を向ける対象は選手ではないでしょうに。


「大人の都合に振り回され利用されている高校球児」という構図を作るのは
別に勝手にやってりゃいいと思うんだけどさ、
それと選手の心情をごっちゃにして語るのはほんとやめて欲しいです。

一方的な見方で「重荷を背負わされて可哀想」とか考えるのは
高校生を馬鹿にし過ぎなんじゃないのかって思ってしまう。


もちろん、高野連の体質など今の高校球界の問題点は沢山あるし、
周囲の持ち上げ方が感動の押し付けみたいな感じになってて
なんだかなぁって思うことは多々あるけど、
それを根拠に選手の心情を理解した気になって
偉そうに語る大人に対してはもっとなんだかなぁって思う。


野球があったから、
それを支えにここまでやってこれた選手だっているだろうし、
だからこそ「野球で恩返しをしたい」と考えている選手だっているだろうに、
「そんな余計なことは考えず、野球のことだけ考えていればいい」だなんて、
あまりに残酷すぎる一言なんじゃないのかって思うんですよ。

試合を通じて、観ている人に勇気を与えることが
震災で負った心の傷を乗り越えることに繋がる人だっているかもしれないのに、
そのような物知り顔の大人の不用意な発言によって
その想いを台無しにしてしまう可能性だって大いにあり得る話です。


だからこそ、こういうことについて語る際には繊細になって欲しかった。

なんというか、とても残念だなぁ、、って気分ですよ、今。



や、でも、石巻工には本当にがんばって欲しいです。

そんな周囲の雑音になんか負けないで、自分達の野球を精一杯見せて下さい。
by syohousen | 2012-03-21 16:44 | つれづれと

向き合うべきは、ノウハウじゃない

心を開いて欲しかったら、
まずはこちらの心を開く必要がある。

こちらの手の内を晒す必要がある。


しかし、それだけで開いてくれるものかと言えば、
必ずしもそういう訳ではない。

そうであるが故に、「心を開く」という態度が、
相手の心を開かせることの強制にならないように気を付けなければならない。

「俺がこうして開いてやっているんだから、お前も開けよ」
こんな向き合い方は、結局は相手のことを何も考えていない利己的な考え方だ。


何でもかんでも、自分の考え通りに物事が運んでいくなどと思わないことだ。

だからこそ、ちゃんと相手と面と向かって対峙し、
相手との間で今まさに交わされているお互いの呼吸を大切にしながら
その瞬間瞬間でお互いの間に生まれてくるものをしっかりと捕まえつつ
向き合ってゆく必要があるのだと思う。

所詮「こうすればいい」というようなノウハウみたいなものは
参考程度にしかならないんだと考えておいた方がいい。

向き合うべきは、ノウハウじゃない、目の前に確実に存在している人だ。
by syohousen | 2012-03-20 14:40 | ものの見方・捉え方について

仏作って魂入れないくらいなら、、、

自分は、「仏作って魂入れず」みたいなものを創るくらいなら、
仏の中に魂が収まりきらずに溢れ出ちゃって、
もうどうしようもなくなってめちゃくちゃになってしまって、
でも、だからこそ泣けてくる、みたいなものの方が全然いいなって思ってます。

それっぽいだけのものなんか、絶対に創りたくはない。


まがい物なんか、いらないんですよ。

だからこそ、全身全霊を込めて取り組んでゆく必要があるんだと思います。
by syohousen | 2012-03-19 16:09 | つれづれと

巧いって、

「巧い」って思われているうちは、たぶん巧くないんじゃないかなぁって思う。

だって本当に巧い人って、きっとその先を見せてくれると思うから。
by syohousen | 2012-03-18 11:57 | つれづれと

そう思うなら、ずっとそこでだけでやっててくれよ

東京が一番だと思っている人は、
ずっと東京でやっていればいいじゃん。

別にそれが悪いとか、そんなことは思わないからさ。


ただ、その傲慢さを持って違う地域に来るなって言いたい。

その思い上がりを、東京以外の土地の人達に押し付けないで欲しい。


はっきり言って邪魔なんだよ、そういう人達が。

各地域にコンプレックスの種を撒き散らさないでくれよ、お願いだから。
by syohousen | 2012-03-17 11:27 | つれづれと

『方丈の海』上演時期の延期について

諸々の事情により、『方丈の海』の上演時期が延期となりました。

ただ、自分は仙台に来ると決断した時点でもう肚は決めていたので、
どのような状況になろうとも最後までやり遂げる覚悟でいます。


公演を楽しみにしていた方々には
更に待たせることになってしまって本当に申し訳ありません。

が、この公演を観終わった後、
「待っただけの価値はあった」と思えるような作品に
仕上げてみせますので、どうかもう少しだけ、お待ち下さいませ。
by syohousen | 2012-03-16 12:01 | つれづれと

賛同者の数を頼りにしてしか展開できない話なんて、

なんか、ネット上での口論(敢えてこう書きますが)って
オープン化されてて一見公正に見えるけど、
印象として、自分の意見の賛同者の奪い合いに終始してて
なんだか陣取り合戦みたいになってるケースが多い気がするんだよなぁ。

そうでないちゃんとした議論もあるけど、
なんだか議論の本質的な部分のやり取りからかけ離れてしまってる
議論とかも多く見られたりして、なんだかなぁって気分になる。


情に訴えたり、読み手の印象をうまく誘導できる人が
外野の人達を味方につけて有利にそのやり取りを進めてる状況とか、
見ていてあまりいい気分はしないもんですよ。

でも賛同者の数が多さと意見の正しさは全く別の話のはずで、
そもそも正しい意見なんてあるのかも分からない訳で、
だから、そんなやり取りの妙みたいなもので
議論の結論が導き出されてしまうのは本当に愚かしいことだし、
もしそれが自分にも関わってくるようなことだったら勘弁して欲しいと思っちゃいます。


なんだろうなぁ、、、
そういうのってたぶん、周囲の人間が分かっているかどうかも
とても大事なことなのかもなって思います。

人によっては意図的に外野を味方につけ、
自らを有利な立場に置こうとする人もいる訳なのだから、
周囲の人間もそれに踊らされて
議論を本質的な部分から遠ざけてしまうことは避けねばなりません。


というか、そんな賛同者の数を頼りにしてしか展開できないような話なんか
オープンにされても正直言って目障りでしかないですよ。

いい迷惑なんで、ほんとやめて欲しいなぁって、思いますわ。
by syohousen | 2012-03-15 12:59 | つれづれと

困っている人がいたら、手を差し伸べる、じゃ、だめ?なのかな

困った人がいたら、手を差し伸べる。

別に小難しいことなんかないんじゃないかなぁ、って思うんだが。


でも、そういうことを言うと思想がどうのこうのとか
言い出す人がいたりして、ほんとめんどくさいなぁって思う(特にネットでは)。


なんかさ、はっきり言ってさ、
思想がどうとかなんて個人的にはどうでもよくてさ、
ただ単純に、困っている人がいて、手を貸すことができる人がいて、
だったら素直に手を貸してあげる、ってな感じにみんな生きていけた方が
たぶん世の中全体にとってもすっきりすんじゃね?くらいの気持ちで
言ってるだけなんだけどね。


それに、別に手を貸す方が偉いとか、助けられて申し訳ないとか、
そんな訳の分からないヒエラルキー的なものも幻想なんじゃないのかな。

だって、たまたまその時にお互いの立場がそういう状態であっただけで、
状況が変わればその立場も逆になったりするかもしれないのだから
「お互いさま」なんじゃないかなっても思うんだよなぁ。

もしかしたら、困っている同士でだって
お互いの状況次第ではお互いの不足を補い合って
助け合うことだって不可能なことじゃないはずだしさ。


まあ、現実はそんなに単純ではないかもしれないけれどもさ、
社会の構造はたしかに複雑かもしれないけどさ、
でも、それぞれの人の心が欲しているものってのはさ、
結構シンプルなものなんじゃないかなって、個人的には思うんだよね。

なんか、そこをごっちゃにしてありとあらゆるものを複雑にしてしまうのは、
やっぱりすごくもったいないなって思うし、とても危険な気がするわ。


どうしてもね、「現実はそんなに単純じゃない」っていう定型句が、
やらない言い訳探しのための口実として
いいように使われているだけなんじゃないかなって、思ってしまうんです。


まあ、ひねくれ者の戯言で済まされてしまいそうだけど、
でも、自分としては大真面目に、そう思ってますよ。

や、ほんとに。
by syohousen | 2012-03-14 21:18 | つれづれと

一括りになんて語れないよ

やっぱり、一つひとつ違う。

だからこそ、実際に足を運んでみて、
自らの目で見、耳で聞くことが大切なことなんだと思う。

ひとつの呼称で括って呼んで、
その全てを並列に並べて語れるようなものなんて、
何ひとつありはしないんだよ。


そんなことを、今日、荒浜に行ってみて、思った。


「沿岸被災地」と一括りにして語れるような単純な話じゃない。

それぞれに被災状況も違うし、復興状況も、これからの課題も、みんな違う。


でね、それは、やっぱり実際に訪れてみなきゃ、わかんないことなんだよ。

たしかに何でもかんでも行けばいいとは決して思わないし、
冷やかしや物見遊山のような軽い気持ちで行くのは絶対にやめて欲しいけれども、
もし被災地に向けて何か行動を起こしたいと思っているのならば、
まずは実際に足を運んでみないことには何も分からないし何も始まらないと思う。


思うだけで何もしないのは、結局のところ何もしていないのと同じことだ。

ましてや口だけで何もしないなんて更に愚かしいことだ。
by syohousen | 2012-03-13 21:47 | つれづれと

や、悟ったふりとか、無理だから

やっぱり俺は悟ったりとかできない。

ましてや悟ったふりなんか、何があってもしたくない。

どんなに無様で大恥をかくことになっても、諦めることだけは嫌だ。


なんというかね、悟ったふりをしている人が
そのような振る舞いを見せている時って、
その顔も、言葉も、行動も、その全てが物凄く傲慢で、醜悪に見えるんだよ。

あんな風にだけは、絶対になりたくはない。


そして、そういう人間を、俺は許せない、んだよ、なぁ、、、、


や、ただ、ここの点については
なんとか分かろうとする努力は必要かもなんだろうなぁ、、、

そういう考えに至った経緯というのは人それぞれだし、
そこを知ろうとせずにその全てのケースを一緒くたにして
全否定してしまうことは非常にもったいないことなのかもしれないから、、、

まあ、そうは言っても、やっぱりそういうの見せられるのはムカつくから
なかなかそういう冷静な見方ってのはできなかったりするんだけれども、
でも、それが必要な時ってのは結構多いと思うから、なるべく心掛けてゆきたくは思う。

うん、できるかはわからないが(苦笑)
by syohousen | 2012-03-12 11:09 | つれづれと