人気ブログランキング |

2012年 09月 06日 ( 1 )

2012年8月のふりかえり

☆★☆2012年8月の横山の主な活動履歴★☆★

◆寺子屋◆
●開催回数:2回
●開催日:8/10(金)、23(木)

◆勉強会◆
[メンバー数]
・現在15名(先月より±0名)

★関連企画★
●ARC>T出前部 「ダンスのじかん」
・開催日:8/8(水)
・会場:多夢多夢舎中山工房
●ARC>T出前部 「美術のじかん」
・開催日:8/3(金)、17(金)、24(金)
・会場:多夢多夢舎中山工房

◆客演◆
TheatreGroup”OCT/PASS”vol.34 『方丈の海』
●日程:8/30(木)~9/3(月)、9/5(水)~8(土)※全9ステージ
●会場:せんだい演劇工房10-BOX box-1

【観劇】
・青年団『銀河鉄道の夜』 @せんだい演劇工房10-BOX box-1

【その他】
・何応『ホロニズム』稽古見学

≪ふりかえり≫
この月は、月末の30日(木)には『方丈の海』の初日を迎えるということもあって、稽古漬けの日々、、、と言いたいところであったが、4ヶ月間にも及ぶ稽古の追い込みは、拍子抜けするほどにゆったりとしたものであった。
それはこれまでの現場ではとても考えられないほどで、本番月であるにも関わらず、週に3~4日の稽古しか行わなかったし、小屋入り前日も稽古はOFFであったりもした。

しかし、それは決して悪いことではなかった。
むしろああいうペース配分であったからこそ、ああいったいい形で初日を迎えることができたのではないかとも思えた。

本番前に一気にペースを上げてスパートをかけるやり方も悪くはないと思うし、状況的に追い込まれた時に生まれる火事場の馬鹿力のようなものもあながち馬鹿にできず、場合によってはそれによって作品が予期せぬような進化を遂げることだってあるかもしれない。

が、その一方で、今回のようにどっしりと腰を落ち着けて構え、力を入れるポイントと抜くポイントのメリハリをきっちりとつけて作品そのものの地力を少しずつ、確実に、底上げしてゆくやり方も非常にいいものだなと感じた。
やはり土台がしっかりとすればするほどに、飛躍する際に蹴り出すための足場は強固になってゆく訳で、余計な心配をする必要もないままに思う存分自らの可能性と作品の可能性を探ることへ意識を集中させることができる。

もっと具体的に言うならば、例えば台詞や段取りなどは4ヶ月も稽古していれば完全に身体に染み付いている訳だから、そこへの心配というものは短期間で稽古して迎える本番よりも圧倒的に少なくなり、その分他のことへ、もっともっと繊細な部分へと、芝居中の意識を割けたりもする。
まあ、これはあくまでもわかり易い一例を紹介しただけなので、別にたとえ短期間の稽古でも台詞や段取りの心配などばかりしている訳ではないし、この長期間の稽古によって得られた恩恵も、上記のようなことばかりではない、ということは補足しておこうかと。


まあ、そんなこんなで、念願だった仙台での演劇活動の第一歩を、ようやく踏み出せた大切な月(まだ本番中なので現在進行形だけれども)。
それを、しっかりとこれからに繋げてゆけるよう全力で9月も歩んでゆこうかと思っている。
by syohousen | 2012-09-06 14:12 | ふりかえり