人気ブログランキング |

2012年 09月 02日 ( 1 )

やっぱり観てほしいのは、作品

出演している作品で、俳優自身である自分が褒められてしまうことは、
まあ、正直に言えば嫌ではないしむしろ嬉しいことだけれども、
作品そのものが褒められることに比べたらほんとに些細なことだと思う。

もちろん、作品の上で自分の役が
印象に残らねばならないような役割を持っているのであるならば
その時はきっちり前へと出てゆくつもりであるけれども、
しかしそれだって“役”が褒められるのと
“俳優自身”が褒められるのでは大違いだと思っていて、
それはつまり、作品ありきでなければならないと考えているからだ。


それは絵を観て「この画材が素晴らしい!」とか言われても
音楽を聴いて「この楽器が素晴らしい!」とか言われてもんまり嬉しくないのと同じで、
しっかりと観て、聴いて、感じてほしいのは作品そのものなのだ。

や、絵とか音楽とかと演劇を同じ括りで話してしまうことは
もしかするとナンセンスなことなのかもしれないけれども、
しかしやっぱり自分にとっては作品が第一でそこに勝るものはないのだ。


だから今日も、その作品の質を更新しより向上させるために全力を尽くしてゆく。

それが自分にとっての俳優のあり方だと思っているので。
by syohousen | 2012-09-02 10:39 | つれづれと