人気ブログランキング |

2011年 01月 31日 ( 1 )

改めて、「俳優が発声を学ぶ」ということについての私見を、

誤解して欲しくないのは、
俳優が発声を学ぶのは「いい声の獲得」のためではないです。


俳優が発声を学ぶことのメリットは

「役として必要とされる声を、日々変化し続けている身体の状態に
 左右されることなく安定して出せるようにするための回路を構築できる」

という点と、

「声帯に過度な負担のかかる声が役との兼ね合いで必要となった際に
 その質感を保ったままで負担を軽減させるための道を探ることができる」

という点にあります。


そしてその実現のために、

「まずは自らの身体を知り、そして声の仕組みを知る」

ということを日々の発声訓練を通して行うのです。


また、発声を学ぶことは、「いい声」などという
あまりにも抽象的で実体のない幻想のようなものを払拭し、
自らの身体に沿った声がどんな声であるのかを
実感するために非常に有効な手段でもあります。


なんというか、「発声」という言葉がそれらの点において
かなりの誤解を受けているなと日々の活動の中で感じているため、
改めて書かせて頂きました。
by syohousen | 2011-01-31 15:19 | 声・身体について