2010年 07月 23日 ( 1 )

自分達のこれからに関わる問題なのだから、

これは勝手な印象なのかもしれないが、どうしても自分達くらいの世代の人間は
芸術文化周りの社会的な立場や環境に関する問題に対する働き掛けを
一回り以上上の世代の方達に任せきってしまっているんじゃないかなって感じる。

世代的に言えば、自分達のこれからに関わることな訳だから、
本来は当事者であるはずなのに、少々小難しいことだからといって
そういった問題をついつい後回しにしがちなように感じてしまうのだ。


まあ、自分もそういった意識がないと言えば嘘になる。

が、ゆくゆくは自分達に降りかかってくる問題なのだから、
やれることはしっかりやってゆかねばなと思う。

まず自分が動いて、それを習慣化させてゆくことから始めたい。

そして、それができるようになったら、
次のステップとして、周りの人も巻き込んでゆけるだけの牽引力を身に付けたい。

多少時間はかかるけれども、たぶんそれが大きな流れを生むためには
一番確実な一歩目の踏み出し方なんじゃないかなと思うから。
[PR]
by syohousen | 2010-07-23 12:33 | つれづれと