2012年12月のふりかえり

☆★☆2012年12月の横山の主な活動履歴★☆★

◆勉強会◆
[メンバー数]
・現在15名(先月より±0名)

◆寺子屋◆
●開催回数:1回
●開催日:12/18(火)

★関連企画★
●ARC>T定例ミーティング第51回、第52回
・開催日時:12/15(土)13:00~、21(金)19:00~
・会場:せんだい演劇工房10-BOX オープンオフィス
●ARC>T出前部 「ダンスのじかん」
・開催日:12/19(水)
・会場:多夢多夢舎中山工房
●ARC>T出前部 「美術のじかん」
・開催日:12/14(金)、21(金)
・会場:多夢多夢舎中山工房
●AEC>T出前部 「せんだい若者サポートステーション」コミュニケーションWS
・開催日:12/11(月)
・会場:八本末市民センター

【WS参加】
・breakthroughワークショップ @青葉区中央市民センター
・若伊達プロジェクト 鹿島さんWS @10-BOX

【観劇】
・シェイクスピア・カンパニー『ロミオとジュリエット』@能-BOX
・杜の都の演劇祭 プログラムA『つめたいよるに』@moonStruck
・短距離男道ミサイル『佐川あれはイキ過ぎた男』仙台公演@能-BOX
・笑の内閣『実録・コンドーム伯爵VS危ない大司教』@能-BOX
・東北学院大学演劇部『パレード旅団』@東北学院大学 土樋キャンパス90周年記念館3Fホール

【映画】
・『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q』(2回目)

≪ふりかえり≫
色々あった2012年。
目まぐるしく周囲の状況が変化していった2012年。
それが、あと2日で終わろうとしている。

今年一年のことについては明日、大晦日に書き記そうかと思うので、本日は、今月のことをふりかえろうかと思う。
今月12月は、年明け以降の仙台での活動の本格始動のための準備時期として始まる前から計画していたのだが、しかし、そこで予測していた以上に、これからに繋がる出来事が沢山あった一ヶ月であった。

今月起こった主な変化だけでも以下の通り

・活動拠点を仙台へ移す
・TheatreGroup“OCT/PASS”への入団
・杜の都の演劇祭への出演決定
・(株)boxesへの参加(まだ手伝い程度だけれども)

それに、形式的には大きな変化はないものの、これまで関わりを持っていたせんだい若者サポートステーションや多夢多夢舎などの方々とも、これまでのような一参加者としての関わり方から、これからを見据えどうしてゆこうかを共に考えてゆけるような関わり方へとシフトさせてゆく必要性のようなものを感じ始めてもいたりする。
もちろんそれはあるくとの3年目以降のこと(あるくとは2年で区切りをつけ、それ以降についてはまだ未定)を意識し始めているための変化でもあるのかもしれないが、それに加え、自分の方も心身共に、そして周囲の環境も変化しているために活動のフォーカスを絞るべきポイントが変わっていった結果なのかもしれない。
自分自身の感触としては、この変化は決して悪いものではないと、そう感じているので、この変化を大切にして、しっかりと一つひとつの活動へ取り組んでゆきたいなと思っている。


また、年明け以降には

・寺子屋
・定期診断
・読み会
・勉強会(これは鈴木拓さん主宰の勉強会と名前が被るため、名称変えるかも)

という、この処方箋での主な活動を仙台にて開催させてゆこうかとも考えており、そのための下準備も少しずつではあるけれども始めている。
そもそも、こちらが自分にとっては本来のやりたいことに近いことである訳だから、手間を惜しまず今の自分に打てる手は打ち尽くし、仙台という土地に定着させ、長く続けてゆけるようにしてゆかねばならない。

それだけに、今よりももう少しペースを上げてみる必要があるだろうなと、そう感じている。
背伸びをする必要はないが、しかし時には思い切った手を打つ必要もあるだろう。

地道さと思い切り、それらのバランスをその時々でよく考え、その上で適切に判断し、行動してゆく。
決してどちらかだけに偏ってしまってはならないと思う。長く続けるためには。

要は、考え続けること、そして動き続けることを放棄してはならないということである。
それは大変なことだとは思う、が、本当にやりたいことである訳だから、その程度の苦労は覚悟の上だ。

とにかく諦めないことを信条として、考え、行動し続けてゆきたい。


まあ、そんなこんなで、全体的に見て、今月は、年明け以後が楽しみになるような一ヶ月を過ごすことができたと思う。
こう思うことができるのは、きっと、いい過ごし方ができた証拠なんだろうなと、そんな気がする。

それは、いいことも悪いことも沢山あった2012年の締めくくりとして、とてもいい締めであると思う。
それだけに、年明け以後も歩みを止めることなくしっかり確実に前進してゆきたい。
[PR]
by syohousen | 2012-12-30 20:27 | ふりかえり
<< 2012年総括 選択肢を狭めているのは、 >>