人気ブログランキング |

楽をするにも、

本当に力をつけたいのならば、
やっぱり地道に積み重ねてゆくしかないのだと思う。

すぐに身に付くようなものは、自分以外の人にもそれが当てはまる訳で、
そんな簡単なものからは、自分だけのものなんか手に入るはずがない。


楽したい気持ちはわからないでもないけれども、
楽して力をつけようとするなら、相当にしたたかにいかねばならない。

ということは、結局のところ、そこいらの人なんかよりも
よっぽど物事について考えを巡らせていなければ実現し得ないことなんだと思う。

それはきっと、違うところでの努力を求められているという訳で、
全ての面において楽をして力をつけることなんかできやしないということだ。


楽をしたいのならば、楽をできるだけの下準備が必要になる。

ならば、どこに力を入れて、どこで楽をするのか、
その楽をするためにはどうしたらいいのか。

それらをよくよく考えつつ、取り組んでゆくしかない。

従って、結局はどこかしらの部分でそれなりの努力を求められてしまう訳だ。


矛盾しているようだけれども、楽をしたいなら、手間をかけなきゃいけない。

でも仮に、その手間が自分の好きなことだったりしたら、、、
それは当人にとっては苦労にはならないのかもしれない。

もしかしたら、端から見ていて楽して成果をあげているように見える人って、
そういう働き掛けの仕方をしているのかもしれないなと、ふと思った。


楽の仕方にも、それなりのセンスと技術がいる、ということなのかもしれない。
by syohousen | 2012-11-24 10:19 | つれづれと
<< 横浜市泉区民文化センター・テア... 当事者にならないことをわかって... >>