人気ブログランキング |

個々の違いは認めておかないと、

線を引くってことと個々の違いを認めるってことは
ごっちゃにされがちだけど全然違う。

というか、そのもの一つひとつの違いをちゃんと認識していないから、
そうやって線引きして括ったりしてしまう発想に繋がってしまうのだと思う。


そもそも同じ存在なんてものがありえない訳で、
その違いを認めるところから始めないと何にもならないと思う。

分けて考えるべきところと分けちゃならないところを混同し、
何となくで「線を引くのは駄目」とか「差別はよくない」とか安易に考えてしまうのは
却って根強い線引きや差別の元に繋がってしまうような気がする。
by syohousen | 2012-05-28 10:45 | ものの見方・捉え方について
<< あまり気持ちのいいもんではない... 選択は選択 >>