人気ブログランキング |

2012年4月のふりかえり

☆★☆2012年4月の横山の主な活動履歴★☆★

◆勉強会◆
[メンバー数]
・現在12名(先月より+5名)
《第3回 新作戯曲の試食会》
・テキスト:土路生真隆『惑星さがし』
・開催日:4/13(金)
・会場:落合第二地域センター

◆WSファシリテーター◆
●テアトルフォンテ付属劇団『劇団エルブ』対象WS
・開催日:4/8(日)
・会場:テアトルフォンテ・リハーサル室

◆スタッフ参加◆
●二子玉川商店街 第4回 青空アート&マート『花みず木アート&マート』
・日程:4/29(日)
・会場:二子玉川商店街、玉川商店街

★関連企画★
●あるくと100人会議
・開催日時:4/7(土)13:00~
・会場:せんだいメディアテーク 1F オープンスクエア

★発表会★
●OCT/PASSトレーニング稽古 発表会『遥かなり甲子園』
・日程:4/30(月・祝)
・会場:せんだい演劇工房10-BOX box-3

【観劇】
・平田オリザ・演劇展vol.2 『阿房列車』@こまばアゴラ劇場
・東北大学学友会演劇部 『勃発』@東北大学・片平キャンパス

【その他】
・2012春の卸町ふれあい市@卸町サンフェスタ
・お花見すずめ踊り@榴岡公園

≪ふりかえり≫
今月は自分でもびっくりするくらいに盛り沢山な1ヶ月だった。
しかしまあ、どれもやっている時には目の前のことに全力で集中していたので、あまり忙しいとかそういった自覚はなく、こうしてふりかえってみて「ああ、こんなに色々とやっていたんだなぁ」と、そんな感覚だった。

このようにあれやこれやと複数のことが重なっている時というのは、その一つひとつの経験の濃度が薄くなってしまいそうなものだが、今月の自分の場合は、どれもこれもが相互にいい影響を及ぼし合っていて、ほとんどの事柄が、これからに繋がってゆく手応えなり兆しなりを得ることのできた貴重なものとなっていた。

ARC>Tやアートマなどを通じて人との繋がりもだいぶ拡がったし、その経験を元にして自分がこれからどのようなことをやってゆきたいのか、どう関わってゆきたいのか、といったようなことが具体的に浮かんできたのも、非常に大きな収穫であったなと、そう思っている。

また、指導者としての面で考えてみても、勉強会ではこれからどのようにこの活動を転がしてゆくのがいいのかということがだいぶ見えてきたし、劇団エルブさんとの関わり方についても、継続的に関わってゆく中で見えてくる長期的なスパンでのアイデアを実現させられそうな土台が築き上げられつつあるように感じている。

そして俳優としては、トレーニング稽古の甲斐もあってか、長らく忘れていてしかもずっと取り戻せずにいた舞台上での俳優としてのメンタリティと呼吸を取り戻せてきているのを実感している。
多少のことでは揺らがない心のタフさというか図々しさが舞台上でも出せるようになってきて、元々持っていた負けん気の強さがポジティブな方向へと機能しだしたのだ。
まだ身体の方はキレもコントロールも十分だとは到底言い難い状態なのではあるけれども、しかしこうして舞台上での呼吸の仕方を思い出せたということはかなり大きなことだと思う。
なにせここ数年ずっと停滞していた俳優・横山真の時間がようやくまた動き出した訳なのだから。
身体の方はまた鍛え直せばいいだけのこと。
つまりそれは何をすればいいのかが絞られた、ということであって、相当に大きな前進であると思う。

それともうひとつ、今年の年末に企画を考えている雪の音の次回公演についても、戯曲の目処が立った。
かねてからずっとやりたかった作品で、しかし短編であるが故の上演台本としての扱いにくさをクリアするためのアイデアが、作家の方と話していて色々と浮かんできたためだ。
この公演、現時点で既に当初では思いもしなかったような方向へと転がっていっているので、かなりの高い確率で面白い公演になるんじゃないかなと、そんな予感がしている。
まあ、そこは自分の手綱捌きに委ねられているんだろうと思うし、今後もどんどんと攻めてゆきたいなと思う。


まだまだ書きたいことは沢山あるのだが、全然書ききれる気がしない。
要はそれだけ今月は充実していた、ということだろう。
しかも、そのほとんどが次に活きてくる経験であった、ということが素晴らしいなと思っている。
よかったことも悪かったことも、その全てがこれからに活かせるものであることは、長く続けてゆくためにはとても大事なことなのだから。

という訳で、これを受けての5月、どう過ごしてゆくか。

まあ、そんなに気負うことはないかなとは思っている。
一つひとつのやるべきことに、全力でぶつかってゆけばいいんじゃないかな、と。

きっと、今の自分のいい状態を、信じていいんじゃないかなって、思うし。
by syohousen | 2012-05-01 15:19 | ふりかえり
<< 「いい」という言葉について なんか、ずるい気がする >>