人気ブログランキング |

素直に飛び込めない理由について、

「運動神経よくないから、、、」とか
「音痴だから、、、」とか
「絵とかあんまりうまくないから、、、」とか、
そういう理由でやる前から尻込みしてしまうのって
ひとつの価値基準でしか判断できていない訳だから、
実は物凄く勿体無いことなんじゃないか。

プロを目指すならともかく、
遊びとして行うことすらも上記のような
理由で躊躇ってしまうのは何かこう、変な気がする。


それってつまり「楽しいかどうか」ではなく
「人と比較してどうか」が物差しになっているってことで、
判断基準としてはあまりにも視野が狭いんじゃないか。


これってやっぱり学校での教育の仕方に問題があるのかなぁ、、、

本来楽しむために行うようなことであっても、
学校の授業で行うとなると常に評価が付き纏う訳で、
それが知らず知らずのうちに
そういう「どう見られるか」中心の思考回路を
構築してしまう原因になっているんじゃないか。


演劇でもその意識は何かというと顔を出してきて、
様々な発見の機会を邪魔してきたりする。

そしてこことの闘いが、演劇のWS等を行う際や
或いは自らも俳優として創作に向き合う際には
最も労力を費やされるものだったりする。


これ、どうにかできないものだろうか、、、

自分に何ができるかは現時点では分からないけれども、
それでも自分なりに考え続けてゆくようにはしていたい。
by syohousen | 2011-06-07 09:41 | ものの見方・捉え方について
<< 今日という日を、 変わってしまった、のかも >>