2010年12月のふりかえり

☆★☆2010年12月の横山の主な活動履歴★☆★

◆定期診断◆
●開催回数:2回
●開催日:12/6(月)、20(月)

◆寺子屋◆
●開催回数:3回
●開催日:12/1(水)、8(水)、22(水)

◆勉強会◆
[メンバー数]
・現在28名(先月より±0名)
《読み会》
●テキスト:竹内銃一郎『あの大鴉、さえも』
●開催回数:3回
●開催日:12/7(火)、21(木)、28(火)
《ふりかえりの会》
●開催日:12/28(月)
●会場:『Putali Cafe』(池袋駅より徒歩10分)

【諸団体との関わり】
・『まんざら』稽古見学 @仙台福祉プラザ
・『星の王子さま・プロジェクト』中間発表 @テアトルフォンテ

【観劇】
・演劇企画集団THE・ガジラ『さよなら渓谷』@SPASE 雑遊
・杜の都の演劇祭プログラムA『井上ひさし笑劇場』@そば処 やぶ信 サンルート店
・杜の都の演劇祭プログラムB『満願』『貧の意地』@伜
・杜の都の演劇祭プログラムC『モッキンポット師ふたたび』@Tea Launge REFRAIN
・杜の都の演劇祭プログラムD『アラビアンナイト』~商人と魔神の物語・ハーシブとクジャクの王子の物語~ @MY DINING 葡萄蔵 仙台駅前店
・紛争地域から生まれた演劇『ヴェールを纏った女たち』@シアターイワト
・miel『こ こ  ち   り』@atelier SENTIO

【スポーツ観戦】
・JX-ENEOSウインターカップ2010・3位決定戦&決勝戦 @東京体育館

≪ふりかえり≫
この2010年12月は、本当に今後に繋がるようなことに満ちた1ヶ月であったと思う。

まず9日にバイトを辞め、その翌日には仙台へと向かったのだが、その一週間は自分にとっては得るものの多い非常に充実した時間となった気がする。
杜劇祭の各公演の観劇、平均年齢66.6歳の劇団『まんざら』への稽古見学、そして仙台の各地にある色々な施設へと実際に足を運んでみてそこで何ができそうかについての考察、等々、、、
それらの体験を通じて、これまでに何となくで考えていた構想が、僅かにだけれども具体的になれたような実感が持てたのだ。

まあ、とはいえそれらはまだまだ「こういうことができそうだな」とか「こうしてみたならば面白いかもな」というレベルでの話であって、そのアイデアを現実と刷り合わせ、仙台という地域にとっての必然を以て実現させるためにはもう少し踏み込んだ形での関わり方をしてゆかねばならないとは思う。
だからこれはあくまでもスタートラインに立つことができただけなのだという認識は絶対に必要で、しかし同時に、今後の自分がどうしてゆきたいのか、そしてどうしてゆけばよいのか、についての足がかりができたことには素直に喜んでよいのだとも思っている。
もしかしたら何も得られることなく家路につくことだって有り得た中で、予想以上の可能性を感じることができた訳なのだから。

それだけに、これからの自らの過ごし方はとても大事になってくると思う。
かつては自分も仙台の演劇界には積極的に関わってきていたとはいえ10年のブランクがある以上は向こうにとっては新参者も同然で、だからこそ、もっともっと仙台の演劇事情についても知ってゆかねばならないし、仙台で行われる演劇の持つ特性を皮膚感覚で知るためにも可能な限り観劇したり稽古場に足を運んだり最終的には実際に客演してみたりしてゆかねばならないはず。
やはりそうせねば見えてこないことっていうのは沢山あると思うので。

まあ、何やかやと言いつつも行ってよかった。それは確実。


さて、自分の活動の方へと話を移すと、今月は若干停滞気味であったような気がする。
もしかすると先月末の充実ぶりと仙台での1週間があまりにも自分にとっては大きかったため、若干足元がお留守になっていたのかもしれない、、、

但し誤解は招きたくないので一つだけ補足しておくと、決して不満足な内容であったという訳ではなくて、自分自身の中で現状維持であったような実感があり、それが許せなかっただけである。
WSにしても何にしても、開催すればどんなにうまくいったと思えるような時でも課題は残るのだから、それを毎回クリアしてゆくことが自らのこれからに繋げてゆくためには大切で、それが行えずに前と同じような課題ばかり残る状況が何度も続けばそこには後退しか待っていないと思う。
だから現状維持が許せないのだ。日々更新してゆきたいのだ。

しかし今月はその実感が十分には得られなかった。
気持ちが先へ先へとはやるのは分かるのだが、もう少し今の自分が踏みしめている足元についてを見つめ直すことにも意識を割いてゆかねば、いつしか主客が転倒してしまって大きな傷に繋がってきてしまう気がする。
だからこそ、自らの取り組み一つひとつを大切に丁寧に行ってゆきたい.


振り返ってみると、やはり2010年の11~12月は今後の自分にとってかなり重要な意味合いを持つ2ヶ月になってゆくんだろうなと思う。
いや、そうしてゆかねばならないと思う。

2011年になったこれからも、やりたいこととやらねばならないこと、その一つも無駄にすることなく確実に一歩ずつ歩んでゆけるようにしたい。
[PR]
by syohousen | 2011-01-03 19:23 | ふりかえり
<< 人と比べても仕方なくないんじゃ... 「しない」の積み重ねでなく「し... >>