「物事は捉えよう」と言うのならば、

現実は現実として動かし難く存在していて、
自分にできることと言えばそれをどこから眺めるか、だけだと思う。

「物事は捉えよう」とは言うけれど、
それは現実をよい方に受け取ることだけを言ってる訳ではなくて、
敢えて悪い方に受け取る事で己に喝を入れることにも利用できるって訳でもある。


だから肝心な事は、自分にとって最もこれからに
繋がってゆくと思える受け取り方を選べばいいんだと思う。

つまりは、わざと被害妄想的な受け取り方をして
モチベーションを高める事に利用してみるのも一つの手段だ。

もちろん、それが沢山ある物の見方のうちの一つであるって事を
理解していなければ、非常に危険なことではあるのだが。


そう考えてみれば、
モチベーションを高めるためのきっかけなんて
そこら辺にいくらでも転がっているし、
たとえ物凄くショックな事があっても、
そこから立ち直るために必要な燃料探しに
困ることはないんじゃないかなって思う。

や、まあ、つっても、そりゃあしんどい事だけどね。
[PR]
by syohousen | 2010-08-04 14:54 | ものの見方・捉え方について | Comments(0)
<< 猫の身体の使い方って、 思っていることを、どう扱うか、 >>