2009年も終わりを迎えて

今年も、、、いや、00年代も、本日を以て終わりですね。


今年は、本当にしんどい1年でした。

直接的に何か困難な状況が我が身に訪れた、
という訳でもなかったのですが、
たぶん、だからこそなんでしょうね、
目に見えた苦しさというものがないからこそ、
余計に苦しかったのだと思います。

イチロー選手じゃないですが、
「痛覚を通した痛みとは全く違った質の痛み」を
味わっていたのかもしれません。

多少、目に見えて苦しいと思えるような状況の方が、
たぶん自分にとっては楽なのかもしれないなと。


とはいえ、今年1年何もせずに過ごしていた訳ではなくて、
むしろかなり色々と動いてはいたんですがねぇ、、、

人生、そうそううまくはいかないもんです。


反省としては、指導者の活動に集中するためと称し、
なんとなくで俳優から離れる期間を作ってしまったこと。

別にその考え方そのものは悪いことではないと思うのだが、
問題はそのやり方で、あの時の自分は具体的なビジョンもないまま
「俳優と指導者の活動がどっちつかずになってしまわないように」という
引き算の発想であのような選択をしてしまったのがまずかった。

離れた当初は、明確なビジョンを持っていたつもりだったんだが、
でも実際に動き出してみて、それが全然甘かったことに気付いた、、、


たぶん、何か大きな決断をする時というのは、
その判断が自分の中である程度の必然性を帯びていないと
その後の展開に大きく響いてくることになってしまうんだと思う。

ただ、このことを身を以て学べたのは、不幸中の幸いだった。

二度と同じようなミスは犯さないよう気をつけねば。


ただ、半年間俳優から離れていたこと自体は、
必ずしも悪いことばかりではなかったと思う。

自分の中での「当たり前」が大きく減少したし、
一度離れたことで俳優に対する自らの想いの強さも再確認できたし、
何よりも演劇のことが以前よりも更に好きになった。


以前も書いたことだが、
やはり人生において無駄なことなんていうのは
ひとつも存在しないんだと思う。

それを認識しているかしていないかで、その人のこれからは相当違ってくるはず。

結果オーライとは言え、そこに自分で気付けたことは、
しかも実体験を元にして気付くことができたのは、非常に大きな収穫だった。



発見は色々とあったものの、指導者としての自分は今年、
あまり前進できてはいなかったなというのが正直なところです。


まあ、今年は勉強会を開催するようになって、
朧気だった自分のやりたいことが明確になり出して、
そのメンバーも少しずつだが増えてきてはいるんだけれども、
まだ全然、自らの理想には届いていないし、
このままでは決して届きはしないと思っている。

定期診断も個人レッスンもほぼ開店休業状態だし。


ただ、このまま何の手を打たずに惰性だけで続けてゆく気は毛頭ないです。

既に考えてはいます。

が、その考え通りに事が運んだとしても
たぶんその効果が出てき始めるのは数年後とかになると思うので、
どちらにせよもうしばらくの間は我慢し続けてゆかねばならないかとは思います。

でも、それだけ我慢してでも
やっぱりこれはやりたいことなので、全然構いません。


まあ、これからどうなるのか、
そんなことは全く分かりませんが、
自分の信念を信じ、周り人達のことも信じ、
精一杯やり抜いてみようかと思います。


今年1年、どうもありがとうございました。

どうか皆様に素敵な1年が訪れることを心より祈っております。
[PR]
by syohousen | 2009-12-31 15:34 | ふりかえり
<< 2010年が明けました いい循環をくれる人 >>