人気ブログランキング |

「今、ここ」に生きていられること

昨日、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を友人のKちゃんと観に行ってきた。


この作品、自分にとっては人生を変えられたと言っても過言ではないくらいに
影響を受けた作品であったので、あの時の興奮をまた味わえるということだけで
幸せであるなということをしみじみと実感させてもらえた118分であった。

特に、世代的にも主人公のシンジ君とは全くの同世代の時期に
この作品と出会えたことにより、この新劇場版が公開されるまでの
10数年のブランクすらも楽しみの調味料となっていることに幸運を感じてしまう。

当時は当時の感性で共感(というよりも限りなく没入に近い感じだったが)していた作品と
こうして10年以上の歳月を経て、今の感性で再び出会うことができたというのは、
まるでかつて毎日遊び合っていた親友と、お互いに成長し合った状態で
久しぶりに再会するのに近い感覚のように思う。


今のこの時代、この場所で生きていることに心から「よかった!」と
感じることのできるものと出会えること、
もしかすると、それこそが幸せなことなのかもしれない。

まあ、「嫌な時代に生まれたな」とか「なんで日本人なんかに生まれたんだろう」とか、
「今、ここ」に対してネガティブに感じることの方が多いのがこの世界なのかもしれないが、
自分は「今、ここ」に生まれることができて本当によかったと思う。

エヴァだってスラムダンクだってイチロ-だってジョーダンだって演劇だって落語だって、
そして自分の周りにいる大好きな人達だって、
もし「今、ここ」に生きていなかったら出会えなかったかもしれないんだから。
by syohousen | 2009-07-28 11:13 | つれづれと
<< “技術”や“才能”について 7/22(水) 勉強会レポ 『... >>