<   2012年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2012年総括

昨日は2012年の最後の月についてを書きました。
本日は2012年そのものについて、書いてみようかと。

今年は、年明け直後には
まさかこのような状況に身を置くことになるとは思ってもみなかったです。

それは今年初めに書いた記事を読み返してみてもわかります。


まあ、いいことも悪いこともこれが現実なのだから
それらを丸々受け容れ生きてゆくしかないのですが、
しかし受け容れるにしてもあまりに大きな存在を失ってしまった、、、
というのが今の正直な気持ちではあります。

こんなにも、別れというものはあっけなく訪れるものなのだなと、
痛いほどに思い知らされました。


わかってはいたつもりでした。


でもそれも「つもり」でしかなかった。


ぽっかりと空いてしまった空白は、おそらく今後埋められることはないでしょう。

それだけは確実に言えます。


しかし、それが生きてゆく、ということでもありますし、
それは必ずしも悪いことである訳でもないと思います。

だから自分は、その空白を抱えつつ、同時に祈りも心に抱きつつ、
これからを生きてゆかねばなと、そう思っております。

傍にいる人を大切に想い、そしてその想いをしっかりと行動にも表しながら。



それにしても、当初考えていたよりも遥かに早く、
仙台へと活動の中心が移っていったことは、自分でも意外でした。

しかし、だからといって元の想定に合わせる必要はないでしょうし、
この一年で生まれたこのいい流れは
最大限利用してゆく方向で考えてゆくべきだとも思います。

元々の自らの芯の部分さえぶれなければ、
その理想へと向かう道筋は自由でいいはずでしょうから。

ただ、好事魔多しとも言いますし、
うまく事が運ぶときほどその状況に気持ちを流されず、
自らの行う一つひとつの行動に、
しっかりと責任を負ってゆく覚悟を
持つことを忘れないようにもすべきだと思います。

やりたいことが明確に自分の中にある以上、焦ることはないのですから。

但し、自らに許されている時間は有限なんだということも、忘れてはなりませんが。


とにかく、一歩一歩を、全力で、歩んでゆくのだ、という意志を
これからは今まで以上に強く心に持って、生きてゆきたいなと思う。

後悔だけはしない生き方を貫いてゆきたい。


『方丈の海』の時に抱いていた、
あのムキになって目の前のことへと挑んでいった気持ち。執念。

あれこそが、石川さんが自分へ下さったプレゼントだったのだと思っております。

それを宝として、これからの仙台で、
石川さんの愛した街で、演劇を行ってゆこうと、思います。


本当に、ありがとうございました。

石川さんのその想いは、志は、残った自分達が引き継いでゆきます。

もしかするとまだまだ頼りないなと感じるかもしれませんが、
しかし、自分はいかなる手段を使ってでもその志を受け継いでゆくつもりです。

なので、どうぞ任せて下さいませ。



そして、親以外の身内では最も仲がよくて、
どちらかといえば生真面目な両親に代わって
高校時代、色々と悪いこととかを教えてくれたふみおじちゃん。

数年前には、自分が芝居を続けてゆくことに対して反対し、
泣きながら父と喧嘩をしてくれたことをお通夜の後に父から聞いて、
本当に自分のことを想っていてくれたのだと知りました。

本当に、ありがとう。

その想いに応えるためにも、自分は、敢えて貫いてゆきます。妥協はしません。

それが、自分なりの恩返しだと思っているので。

うん、いい報告ができるようがんばりますんで、待っててね。



なんだかしんみりとした話になってしまいましたが、
まあ、自分にとってはそういう年だった訳なのでこれでいいのかなと思っております。

今年もどうもありがとうございました。

また来年も、どうかよろしくお願い致します。
[PR]
by syohousen | 2012-12-31 18:42 | ふりかえり

2012年12月のふりかえり

☆★☆2012年12月の横山の主な活動履歴★☆★

◆勉強会◆
[メンバー数]
・現在15名(先月より±0名)

◆寺子屋◆
●開催回数:1回
●開催日:12/18(火)

★関連企画★
●ARC>T定例ミーティング第51回、第52回
・開催日時:12/15(土)13:00~、21(金)19:00~
・会場:せんだい演劇工房10-BOX オープンオフィス
●ARC>T出前部 「ダンスのじかん」
・開催日:12/19(水)
・会場:多夢多夢舎中山工房
●ARC>T出前部 「美術のじかん」
・開催日:12/14(金)、21(金)
・会場:多夢多夢舎中山工房
●AEC>T出前部 「せんだい若者サポートステーション」コミュニケーションWS
・開催日:12/11(月)
・会場:八本末市民センター

【WS参加】
・breakthroughワークショップ @青葉区中央市民センター
・若伊達プロジェクト 鹿島さんWS @10-BOX

【観劇】
・シェイクスピア・カンパニー『ロミオとジュリエット』@能-BOX
・杜の都の演劇祭 プログラムA『つめたいよるに』@moonStruck
・短距離男道ミサイル『佐川あれはイキ過ぎた男』仙台公演@能-BOX
・笑の内閣『実録・コンドーム伯爵VS危ない大司教』@能-BOX
・東北学院大学演劇部『パレード旅団』@東北学院大学 土樋キャンパス90周年記念館3Fホール

【映画】
・『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q』(2回目)

≪ふりかえり≫
色々あった2012年。
目まぐるしく周囲の状況が変化していった2012年。
それが、あと2日で終わろうとしている。

今年一年のことについては明日、大晦日に書き記そうかと思うので、本日は、今月のことをふりかえろうかと思う。
今月12月は、年明け以降の仙台での活動の本格始動のための準備時期として始まる前から計画していたのだが、しかし、そこで予測していた以上に、これからに繋がる出来事が沢山あった一ヶ月であった。

今月起こった主な変化だけでも以下の通り

・活動拠点を仙台へ移す
・TheatreGroup“OCT/PASS”への入団
・杜の都の演劇祭への出演決定
・(株)boxesへの参加(まだ手伝い程度だけれども)

それに、形式的には大きな変化はないものの、これまで関わりを持っていたせんだい若者サポートステーションや多夢多夢舎などの方々とも、これまでのような一参加者としての関わり方から、これからを見据えどうしてゆこうかを共に考えてゆけるような関わり方へとシフトさせてゆく必要性のようなものを感じ始めてもいたりする。
もちろんそれはあるくとの3年目以降のこと(あるくとは2年で区切りをつけ、それ以降についてはまだ未定)を意識し始めているための変化でもあるのかもしれないが、それに加え、自分の方も心身共に、そして周囲の環境も変化しているために活動のフォーカスを絞るべきポイントが変わっていった結果なのかもしれない。
自分自身の感触としては、この変化は決して悪いものではないと、そう感じているので、この変化を大切にして、しっかりと一つひとつの活動へ取り組んでゆきたいなと思っている。


また、年明け以降には

・寺子屋
・定期診断
・読み会
・勉強会(これは鈴木拓さん主宰の勉強会と名前が被るため、名称変えるかも)

という、この処方箋での主な活動を仙台にて開催させてゆこうかとも考えており、そのための下準備も少しずつではあるけれども始めている。
そもそも、こちらが自分にとっては本来のやりたいことに近いことである訳だから、手間を惜しまず今の自分に打てる手は打ち尽くし、仙台という土地に定着させ、長く続けてゆけるようにしてゆかねばならない。

それだけに、今よりももう少しペースを上げてみる必要があるだろうなと、そう感じている。
背伸びをする必要はないが、しかし時には思い切った手を打つ必要もあるだろう。

地道さと思い切り、それらのバランスをその時々でよく考え、その上で適切に判断し、行動してゆく。
決してどちらかだけに偏ってしまってはならないと思う。長く続けるためには。

要は、考え続けること、そして動き続けることを放棄してはならないということである。
それは大変なことだとは思う、が、本当にやりたいことである訳だから、その程度の苦労は覚悟の上だ。

とにかく諦めないことを信条として、考え、行動し続けてゆきたい。


まあ、そんなこんなで、全体的に見て、今月は、年明け以後が楽しみになるような一ヶ月を過ごすことができたと思う。
こう思うことができるのは、きっと、いい過ごし方ができた証拠なんだろうなと、そんな気がする。

それは、いいことも悪いことも沢山あった2012年の締めくくりとして、とてもいい締めであると思う。
それだけに、年明け以後も歩みを止めることなくしっかり確実に前進してゆきたい。
[PR]
by syohousen | 2012-12-30 20:27 | ふりかえり

選択肢を狭めているのは、

いい悪いでとらえるから、
選択肢が限られてしまってしんどくなる。


ただ起こったことをありのままに、
ひとつの現象としてとらえてみることが、
心の余裕にも繋がってゆくんじゃないかなと、そんな風に思う。


選択肢を狭めているのは、
結局のところ、自分自身だと、
そういうことなんじゃないかな。
[PR]
by syohousen | 2012-12-29 22:34 | ものの見方・捉え方について

恥か、どうか、

知っていることよりも知らないことの方が
圧倒的に世の中には多いんだから、
別に知らないことそのものは恥じゃないよね。


知らないことを知ったかぶりして誤魔化したり、
知らないことを知らないままにしておくことこそが、恥だよ。



自分に対しての、戒めでもある、メモ。
[PR]
by syohousen | 2012-12-28 23:59 | ものの見方・捉え方について

深く関わってゆくと、

人とね、深く関わってゆくようになると、
自分自身が少しずつだけれども、変化しているんだってことに
ふとした瞬間に気が付いたりして、びっくりしたりする。

そうするとさ、ものすごく「ありがとう」って気になるんだよね。


うん、ほんとうに、ありがとうね。
[PR]
by syohousen | 2012-12-27 23:09 | つれづれと

12/21(金) 多夢多夢舎「美術のじかん」レポ

12/21(金) ARC>T出前部 「美術のじかん」 @多夢多夢舎中山工房

■ファシリテーター:飯田智穂

今年最後の多夢多夢舎。
とはいっても特別なことを何かしようという気負いも持たず、いつも通りに、しっかりと自分達のやりたいことや目の前の人との向き合いに集中していった1時間半でした。

こういう姿勢は、自分も大いに学ばせてもらえる点だなぁと、つくづく実感しております。
目の前のことへ対する執着というか、情熱の傾け方というか、そういう点において、非常に彼らは優れているんだよなぁと、そんな風に思うのです。
とにかく今の自分の欲求と目の前の状況と、その両者に妥協がない。
「これくらいでいいか」なんてことは決してなく、自分が納得するまで取り組み続けようとすることが自然と行えているのです。
それは彼らに備わった一種の才能であると言ってもいいんじゃないでしょうか。

周りから見てどうだとか、もちろんそういった視点もあるのでしょうが、しかし、従うのはまずは自らの衝動である、というところは、うちら創作活動を行ってゆく人間が参考にすべきところなのではないかと思います。


それにしても、これは個人的な印象なのですが、自分が初めて参加した半年前の頃よりも、たむたむのみんなはとても明るくなったような気がします。
この「美術のじかん」での身体のあり方も、以前はまだおとなしめに見えていたのですが、最近はもう、みんな全身を駆使して絵なり何なりを生み出そうとしているように見えるのです。

例えば絵を描くにしても、手先だけで描くのではなく、どのような身体のあり方で臨めばより自分の描きたい絵を描くことができるのか、という観点から取り組むようになってきているように感じます。
たぶんみんなにとっては無意識のうちにそういう変化が訪れてきているのかもしれません。
が、しかし、あのアトリエ内の空間を渦巻いている空気の質は確実に変化しております。
きっと、その変化はたむたむのみんなの身体の変化がもたらしたものなのでしょう。


そんな彼らの変化の過程に立ち会えている自分は、とても幸せなのだと思います。
そしてだからこそ、自分も負けずに変わってゆかねばならないと思います。


今年のたむたむとの関わりは、これで最後となりました。
次に彼らと会えるのは、年も明けた9日の「ダンスのじかん」で、となります。

自分も仙台へ完全に活動拠点を移すため、今後はもっと頻繁に関われることとなるでしょう。
それだけに、もっともっと精進し、彼らとより素敵でクリエイティブな関係を築いてゆけたらなと思っております。

今年1年、どうもありがとうございました!
来年も是非、よろしくお願い致します!

よいお年を!
[PR]
by syohousen | 2012-12-22 22:11 | レポート(スタッフ参加企画)

12/19(水) 多夢多夢舎「ダンスのじかん」レポ

12/19(水) ARC>T出前部 「ダンスのじかん」 @多夢多夢舎中山工房

■ファシリテーター:横山真

久々にして、前回参加した時と同様にみかささん不在のために横山がファシリテーターとなっての「ダンスのじかん」。

今回も、たむたむのみんなにはとても助けられました。
そして、そのお陰でなのか、自分自身でもどのようにして彼らと向き合えばよいか、その糸口のようなものを確かな形で掴めてきたような気がしています。

なんというか、提示するものは完成形でなくていいんだなって気付かされたのです。
むしろ未完成なものの方がいい。
未完成なものを、たとえ見切り発車でもいいから提示し、そこへ対するみんなのリアクションから次はどのように動いてゆこうか考えてゆくことで、新しい何かが生まれてくる。
どちらが、ではなく、お互いで、面白いものを創り上げてゆく、ということなのだなぁと、そんなことに気付かされました。

これは、どうしても責任感が強いために未完成なものは渡してはならないんじゃないかという思い込みが拭えなかった自分にとってはかなり大きな気付きでした。
ああ、こんなにも無責任になってみてもいいんだな、と。
や、実際には全てをコントロールしようとすることの方が楽な訳で、むしろこういう発想の方が非常に強く責任を負おうという意思を要求されるものなのでしょうね。

だからたぶん、これまでの自分の考えの方が無責任であったのかもしれません。
自らへの負担を、小さい方小さい方へと仕向けていったと言える訳ですから。


また今回も、これからの自分にとっての大きな学びを与えて頂けました。
本当に、皆さんには心から感謝しております。

これで年内の「ダンスのじかん」は全て終了しました(「美術のじかん」はまだ残っておりますが)。
来年もまた、素敵な時間をみんなと一緒につくり上げてゆけたらなと思っております。

では、今年1年本当にありがとうございました!
[PR]
by syohousen | 2012-12-21 22:44 | レポート(スタッフ参加企画)

12/14(金) breakthroughワークショップ レポ

12/14(金)19:00~20:00
breakthroughワークショップ @青葉区中央市民センター・第二会議室

★ファシリテーター:伊藤 拓

年内最後のbreakthroughワークショップということで今回はこの後に忘年会が控えており、WSそのものは短めの時間でギュッと圧縮させ集中して行ったものとなった。

本当に、怒涛の一時間であったと思う。
もう、直前に何をやったかを落ち着いてふりかえる間もなく次のエクササイズへと突入していく感じで、ああだこうだと余計なことを考えずに目の前の状況に集中できたので、結果的にとはいえいい集中具合でWSへと臨めていたのかなと思う。

たまにはこういう感じで怒涛のような時間を設けてみることもいいのかもなぁと、そんなことをふと思った。
そういうアプローチでしか見えてこないものというものもきっとあるのだろうなと、そんな気がしたからだ。

現に、ゆったりと構えていては決して成功しなかったであろうエクササイズもいくつかあって、敢えて短い時間で区切ったからこそ、火事場の馬鹿力を発揮して脅威の団結力を発揮した瞬間があった。
参加者の力を引き出すための要素として、“時間”というものが結構大きなウェイトを占めているのかもなと、そんなことを気付かせてもらえた。

自分も今度、敢えて30分から1時間くらいに時間を短く絞ったWSを行ってみようかなと、そんなことを思った。
それだけでも、今回のWSへと参加した甲斐はあったのではないかと思う。


最初にも書いた通り、これで年内のbreakthroughワークショップは終了。
今年あった多くの出会いの中でも、伊藤拓さんとの出会いは今後の自分にとって本当に大きな出会いであったと、それは確実に言えると思っている。

だからこそ、これからも、年を明けた後も、よりよい関係を築いていけたら素敵だなと、この出会いに感謝しつつ、誠実に向き合ってゆけたらなと、そんな風に思う。

本当に、ありがとうございました!
[PR]
by syohousen | 2012-12-17 11:48 | レポート(外部受講)

どんな結果であろうと、

いつだって、ここを、今を出発点にして考え、動いていくしかないよ。

嘆いてても何もならん。

そんな暇は、ない。
[PR]
by syohousen | 2012-12-16 20:43 | つれづれと

12/14(金) 多夢多夢舎「美術のじかん」レポ

12/14(金) ARC>T出前部 「美術のじかん」 @多夢多夢舎中山工房

■ファシリテーター:飯田智穂

久々の多夢多夢舎。
ただし今回はみかささんは不在の中での「美術のじかん」でした。

今回の自分は、マイペースに、自分の描いてみたいものを描いてみょうかなと思い、みんなとの関わりを丁寧に行いつつも、それと同じくらいに、自分の創作にも集中しつつ時間を過ごしてみました。
その中で「お、いいな」と思ったことは遠慮なく取り入れていったりしながら、とにかくこの場でしか創り上げることのできないようなものを生み出せたらなと、そんな感覚で描いていったのです。

やっぱりここに来ると、かなり色々な刺激を受けるのは確かなことのようです。
というのも、描く前には自分の絵がどうなるのか全く想像だにしなかったこととはいえ、それでもここまで不思議な絵が描き上がるとは思いもしなかったからです。

かつてここまで自らの感覚に任せ、己の感性を信じてものを描けたことはありませんでした。
こんな絵を描いたことは、今までの自分ではなかったとも言えるくらいでした。

本当に、どんどん引き出してもらっているような感覚です。
有り難いなぁ、と、心から思います。


今年たむたむへと来れるのも来週の2回のみ。
一つひとつを全力に、大切にして、過ごしてゆきたいなと。

今回もありがとうございました!
[PR]
by syohousen | 2012-12-15 11:52 | レポート(スタッフ参加企画)