<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

『方丈の海』キャスト発表を受けて

『方丈の海』のキャストが、先ほど、発表となりました。

その発表を聞いて、今回も色々とチャレンジ要素が
盛り沢山な役であることへの嬉しさと、感謝の念が芽生えたのだけれども
その中でも一番嬉しかったのは、
自分にとって高校生の頃からの憧れの存在であった絵永けいさんとの
素敵な絡みがある役であったことです。


本当に、物凄く嬉しいです、これは。

だって、12年越しの念願だった訳ですから。


はあ、おっかない気持ちはもちろんありますが、
でも、そんな風に思えるくらいに挑み甲斐のある役な訳で、
だから、ただただ誠実に、役と、作品と、向き合ってゆきたいなと、そう思ってます。
[PR]
by syohousen | 2012-02-29 19:39 | つれづれと

じーちゃんへ、挨拶してきた

昨日は、本来だったら仙台に来てから
真っ先に行っておきたかったじーちゃんの墓参りに行ってきた。

今の自分があるのは、
間違いなく亡くなる1週間前に言ってくれた
あのじーちゃんの一言のお陰で、
だから、そのお礼と、こっちでやるよって報告をしてきた。


やっぱりこういうことは
これからどんな状況になろうとも絶対に忘れずに、
大切にしてゆきたいなと思っている。
[PR]
by syohousen | 2012-02-28 07:35 | つれづれと

『方丈の海』初見を終えて、

昨晩、『方丈の海』初見が無事に終わりました。


はぁ、やっぱり俺の選択は間違ってなかったよ。

今のこのタイミング、この場所、
そしてこの人達でしかできない作品を創ってゆけること、
それって本当に有り難いことです。

てか、そもそもそうでなきゃやる意味なんかないんだと思う。


まあ、3月1日からの稽古も、
今の自分にやれること、やるべきこと、やりたいことに、
ただただ全力で取り組んでゆきます。
[PR]
by syohousen | 2012-02-27 17:59 | つれづれと

いってきます

これより仙台の方へ発ちます。

当日の朝を迎えてみたら、意外なほどに、落ち着いていてびっくりしてます。


ちょっと直前になって色々と誤算なことが発生してしまいましたが
まあ、それでも、なるようにしかならないと思うんで、
あまり気負い過ぎず、しかし着合いを入れて、がんばってきますね。
[PR]
by syohousen | 2012-02-26 07:28 | つれづれと

忘れたくないこの感覚

昨日、5月に出演予定の『方丈の海』の台本データが届いた。

印刷し、手にとると、ああ、いよいよ始まるんだなぁ、と、ついついにやけてしまう。


よかったぁ、この感覚を忘れてなくて。

やっぱ、このにやけちゃう感覚は、いつまで経っても忘れたくない感覚だよ。


わかったふりとかしなくていい。

とにかく、目の前のこと一つひとつに全力で感謝して、
全力で取り組み、全力で楽しんで喜んで悲しんで悔しがればいいんだと思う。

そうすりゃ自然と自らが何者であるかは浮かび上がってくるはずで、
でもそれだって、別にとらわれるようなもんでもないはず。


ほんとうに大切なものってのは、
今自らの立っているところを出発点にしてしか
持つことはできないんじゃないかなって思う、よ。
[PR]
by syohousen | 2012-02-25 10:14 | つれづれと

人に迷惑を、

人に迷惑をかけてしまうことを怖がらなくなったこと。

たぶんこれは自分にとっては
最も大きな成長のひとつなのかもしれない。


そして、そういう心境の変化を引き出してくれた
周囲の人達には、心から感謝をしたい。

ありがとう。
[PR]
by syohousen | 2012-02-24 09:39 | つれづれと

しとしと

雨の様子をあらわす「しとしと」。

いったい誰が言い出したんだろうか。

偉大過ぎるだろ、ほんとに。


だって「しとしと」だよ?やばいでしょ。


こういう様子をあらわす言葉って、本当に素晴らし過ぎる。

日本人でよかった、と、思えるほどに。
[PR]
by syohousen | 2012-02-23 21:33 | つれづれと

周囲からの理解を欲張る必要なんて、ないんじゃないかな

訴える声の大きさや手段の巧みさよりも、
地道にでもいいから長く取り組み続けることを俺はやっぱり大切にしたい。

もちろん、地道を言い訳にはせず全力で取り組む、
ということが前提としてあった上で、だけど。


だから、その取り組んでいる過程での周囲からの理解は、
求めないって訳じゃないんだけど、決して欲張る必要は全くないとは思ってる。

むしろ、今まさに理解を示してくれている人への
感謝の気持ちの方が大事にしなくちゃいけないことだと思う。


まあ、目的を果たすために必要な理解ってのもあるから、
それを得るための努力はする必要があるのは事実だけれども。

でも、理解を得ることばかりにとらわれそれに終始してしまっていれば、
何か大切なものを忘れてしまって結局は何も残らず終えてしまうんじゃないかと思う。
[PR]
by syohousen | 2012-02-22 22:56 | つれづれと

稽古開始日が決まって、

昨日、5月の公演の稽古開始日が正式に決まった。

それに伴ってか、不思議と気持ちが軽くなった。


なんか俺って、ひとつの事を納得させるために物凄く時間がかかるし
心は揺れまくるしブレまくるしで我ながら本当にめんどくさいなって思うけど、
だからこそ、その分自らの決断に対する強度は誰にも負けない自信がある。

まあ、頑固って事なんだが。よくも悪くも。


でも、強度はあるけど、最近そこに弾力性も備わってきたのはいい傾向だと思う。

「硬くなるのは気負い、やらかくなるのは自信」とは
井上雄彦氏の漫画『バガボンド』の台詞だが、
ほんと、そうなんだよなぁ、と、つくづく実感している。
[PR]
by syohousen | 2012-02-21 14:22 | つれづれと

決まる時ってのは、

決まる時ってのは本当に次から次へと決まってゆくもんなんだなぁ、、、

まあ、そのための下準備をしてきたからこその結果なんだけれども。


どうやら仙台に行ってからもこっちとの行き来で慌しい日々になりそうです。

まあ、それが自らで望んでいた形なので、嬉しい悲鳴ってことなんですがね。


どうせなんで、とことん必死で、とことん楽しんでゆこうかと。
[PR]
by syohousen | 2012-02-20 23:02 | つれづれと