<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

念願

長らく念願としていた事が現実のものとなりそうです。

それは1年や2年そこらの話でなく、
東京へ来る時以来ずっと考えていたこと。

とはいえこれはゴールじゃなくて、スタートライン。

特に今回は色々なものを振り切っての決断なのだから、
背負うものもまるで違う訳で、相当の覚悟を決めてかからねば。


近々お知らせします。
[PR]
by syohousen | 2011-09-30 23:08 | つれづれと

記録が途絶えたその先に、

イチロー選手の連続200本安打記録が今シーズンで途絶えてしまいました。

この結果に対して「残念だ」という意見が多く聞かれるのですが、
自分としてはそういった気持ち以上に、この結果を受け
これからのイチロー選手がどのような進化を遂げてゆくのか、
という点に物凄く興味があります。


なんというか、“記録”という要素において
前人の至らなかった地点にまで足を踏み入れた人間が、
その数字を越えたところに何を見い出し追求してゆくのか。

どうしても数字にとらわれてしまう自分のような人間にとっては、
むしろ今回の記録が途絶えた先を見届けてみたい。

それはきっと、今のイチロー選手でなければ
挑むことのできない領域の話なのだと思うから。


彼はきっと、まだまだ進化し続けてゆくと思います。
[PR]
by syohousen | 2011-09-29 22:49 | つれづれと

これからの自分は、今つくられてゆく

なんだかここ最近の自分の行動は
これまでの自分から考えたらかなり意外に思えることばかりな気がする。

でも、それでいいんだと思う。

これまでの自分のあり方にこだわって身動き取れなくなるよりも、
その瞬間の素直な衝動に従ってみることで見えてくるものだってあるんだから。

これからの自分は、今つくられてゆくんだからね。
[PR]
by syohousen | 2011-09-28 13:30 | つれづれと

そんなにシンプルか?

おかしいものをおかしいと言ったら
「○○シンパか」とか言ったりする人って、
どういう思考回路をしているんだろうか。

そんなに世の中がシンプルに動いているんだと思える頭だったら
さぞかし人生気楽に生きていけるんでしょうね。


なぜ一部の事柄に賛同するだけで全面的に賛同したことになるのか、
その人間の信奉者になってしまうのか、とてもじゃないけど自分には理解できません。
[PR]
by syohousen | 2011-09-27 10:26 | つれづれと

ここまで腐っていたか

今度は司法の世界でも、、、


「市民感覚を取り入れるために」と言って
裁判員制度を半ば強引に始めたくせに、
2年経った今もその成果は微塵も出てはいないのですね。


素人目にもおかしいと分かる不可解な判決とその理由。

先ずはじめに結論ありきで行われる裁判に何の意味があるのでしょうか。

そして三権分立の理念は一体どこへいってしまったのでしょうか。


ほんとにさ、この国はどこまで人をがっかりさせれば気が済むんだ、、、
[PR]
by syohousen | 2011-09-26 22:54 | つれづれと

お客さん気分の卒業

今回の帰仙では、色々とこれからに繋げてゆくべき出会いがあった。

それだけに、そろそろお客さん気分を卒業しなきゃなと。


たぶん、これからの帰仙はこれまでとは意味合いがだいぶ変わってくると思うし、
気を引き締めてゆかなきゃなと、そう思う。


ただ、これまでのような浮き浮きとした気持ちも忘れずにいたいし、
一つひとつの出会いや時間を大切にして生きてゆきたいなと。
[PR]
by syohousen | 2011-09-25 15:51 | つれづれと

実際の声で、聞いてみて、

昨日今日と、懐かしい人達と会って色々な話を聞いた。

やっぱり、伝え聞くだけじゃ分からないことって沢山ある。

気軽に手に入る情報ばかりを集めて分かった気になってしまうことが
如何に浅はかなことなのか、思い知らされた気がする。
[PR]
by syohousen | 2011-09-24 22:59 | つれづれと

変わった

今回の帰仙、1ヶ月ぶりなのに随分街の様子が違って見える。

でも実際にはほとんど変わってないんだろうと思う。

変わったのは、こちらの心の方で、
やっぱり、これからの自分がこの街とどう向き合おうかという意識の変化が
今のこの見え方の変化を生んでいるんだろうなって気がしている。


その変化、気持ちだけにしておかないで
ちゃんと実際の行動に反映させてゆかねばなと。
[PR]
by syohousen | 2011-09-23 11:35 | つれづれと

これから、

今日、これから夜行バスで仙台へ向かいます。

今回の目的は、中学の同窓会。

楽しみな半面、色々と複雑でもあるのだけれども、
まあ、どんなことになろうとも全て引き受ける覚悟は持っているので、
貴重な時間、大切に過ごしてこようかと思ってます。
[PR]
by syohousen | 2011-09-22 21:45 | つれづれと

本当に今のあり方でいいのか?

先の地震に対する反応といい今日の台風に対する反応といい、
どうも自然との付き合い方に無理があるんじゃないかなって感じてしまう。

そもそも自然を御することができると思い込んでいること自体が
おこがましいというか、非現実的な発想なんじゃないかなって思う。


なにも別に「晴耕雨読」の生活をしろという訳ではない。

しかしこんな状況下で電車を平常通りに走らせようとするのが
危険なことぐらい少し考えれば分かることであるのに、
少しでも遅れたり止まったりすれば不満を漏らし
「都市部の交通網は惰弱だ」と嘆いたりするのは、
何かこう、釈然としないというかおかしいんじゃないかと思うのだがどうだろうか。


一方では人命第一で行ったはずの判断が罵られ、
もう一方では高い確率で危険な状況になることが予測されているにも関わらず
当然のように通常通りの活動を要求しそれに応えようとする就労関係がまかり通る。

一概にその慣習の全てが悪いとは言えないけれども、
でもちょっとそのあり方を見つめ直してみてもいいんじゃないかな。

その仕事は、命の危険を犯してまで、
人を傷付けてまでやる必要のあるべき仕事なのか?ってさ。


や、現に首都圏でもこの台風で死者は出ている訳だし、
ここに書いていることは決して大げさなことではないと思う、よ。
[PR]
by syohousen | 2011-09-21 23:10 | つれづれと