<   2010年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

3/25(木) 勉強会レポ 【声にして読まれる機会の少ない言葉を声にしてみる】

3/25(木) 18:30~21:00 @祖師ヶ谷地区会館

◆◇◆声と身体の処方箋・定期勉強会◆◇◆

【声にして読まれる機会の少ない言葉を声にしてみる】

■リーダー:渡辺 六三志

【今回の勉強会の主旨説明】
昨年11月にこの勉強会で行ったリーディングWSにて演出を担当した際には、五感(味覚・視覚を断って動き回る)+α(般若心経のや怖い話、すなわち第六感的なもの?)などの身体感覚から声を出していくことを突き詰めました。

ですが、今回は同じ声を出すにしても、
「声に出される機会がなかなかない言葉」
を扱うことで、主に形から入ることによって、言葉(台詞)を与えられて、声や身体がどう変化するのかを突き詰めてゆくようなWSにしたいと思います。

【行おうとしている内容の一例】
・最近寝てる間に見た夢を思い出しながら伝えることで、イメージを言葉につなげるエクササイズ。
→「なんとか思い出してしゃべる」ことを重視して行います。

・テキストリーディング
→台詞には言葉にされにくい文字、文章(雑誌のインタビュー記事、電化製品の取扱説明書、漫画やゲームの台詞やト書き、今話題のミニブログ「ツイッター」や掲示板などのウェブ上の言葉など)を扱いたく思っており、テキスト化したものは僕が用意します。


【レポート】
今回は、自分以外の人間が主導権を持って行った初めての勉強会。
まあ、昨年11月に行った『ドラマリーディング実験場』の時も自分以外の方が場のリーダーとして行ってはいたが、その時は横山が用意したテーマに沿って行って頂いていた訳で、今回のようにテーマそのものに関しても自分以外の方が準備して開催にまで漕ぎ着けた勉強会というのは、初めてであった。

この勉強会を立ち上げ、実際に活動を開始してからもうじき一年が経とうとしているが、ようやくこのような形での開催を実現させることができるようになってきたことは素直に嬉しく思う。

まあ、だからといって安心などは一切できないのだが。
まだまだスタート地点に立てただけでしかないのだから。



という訳で、今回は渡辺六三志くんが提案し、メンバー募集及びメニュー組み等を自分で行ってゆくという形での勉強会開催となった(もちろん自分の方からも最低限のバックアップはしているが)。

今回、彼が提案し、開催を希望してくれた勉強会のテーマは、「声にして読まれる機会の少ない言葉を声にしてみる」というもの。

・黙読を前提として書かれている言葉(説明書など)
・視覚的要素も考慮に入れて書かれている言葉(漫画など)
・文字制限があることで独自の表現方法が組み込まれている言葉(ツイッターなど)
・初めは話し言葉であったものを一度文字に変換させて書かれたもの(対談など)

などという様々な「書き言葉」を実際に声に出して読んでみることで、戯曲や台本などの音声化させることを目的として書かれた言葉にはないような感覚を体験できるのではないか、という趣旨の下、行われたWS形式の会となった。


この日使用したテキストは主に以下の通り。

■ゲームの取扱説明書(使用の際の注意書き部分)
■手紙(家族同士のやり取り)
■漫画(ファンタジー風、演説風の箇所)
■旅行のツアーパンフレット(試しに音程を付けて歌形式で行ってみた)
■歌詞(恋心を歌っているもの)
■対談(思想家同士の小難しい話の箇所)

実際に行っていて感じたものは、漫画や対談のように「どういった人(風貌やしぐさ)が話しているのか」が具体的に見えてしまっているものほど、読む際にそのビジュアルに縛られてしまうせいか物凄く不自由になっていってしまうなということ。
逆に取扱説明書や手紙のように自らの想像力の介入する余地が大きいものほど、楽しみつつ自由に読める気がした。

その一方で、文体そのものは読む際の自由度にさほど影響を与えていなかったのが意外だった。


その一事から思ったのは、やはり話し言葉で重要になってくるのは「その言葉によって自らの中に生まれてくるイメージの具体性」なのかもしれないなということ。

もしかすると、言葉遣いの古い文章が読みにくく感じてしまうのは、「その言葉を音声化させることが発声の技術的に困難」であるからというよりも「その言葉によって自らの中に引き起こされるイメージが、不確かなものとなりがち」だからなのかもしれない。

何故そのように感じたのかといえば、自分の実感としては古典的言葉遣いを声に出して読んでいる時の感覚と、漫画の台詞や対談を声に出して読んでいる時の感覚にはお互いに通じるものがあるように感じたためである。

もちろん、現代人特有の発声的傾向というものは存在する訳で、それが古い言葉遣いの音声化を困難にしている一因にはなっているとは思う。
しかし、「古い言葉遣いを音声化させることに慣れていない」ということだけが古典的言葉遣いの読みにくさの原因であるならば、現代口語を用いているはずの漫画や対談はすんなり読めるはずなのではないだろうか。

思うに、漫画や対談の場合であれば「既にその言葉を発している完成形(漫画であればキャラクター、対談であれば実在の人物)が自らの外側に存在している」という点で、古典の場合であれば「現代とは違った言葉遣い或いは生活習慣の違い」という点で、このどちらの場合も「言葉に自分なりのイメージや実感を伴わせることが困難」なのかもしれず、だからこそ、一見全く違うように見えるはずの古典と漫画と対談で、似通った感覚を感じてしまったのかもしれない。


この、今回の勉強会の実験を通しての気付きは、全く予期していなかったものであったので、それだけでも非常に有意義な時間を過ごすことができたなと思う。

この気付きをもう少し深めてゆきたいので、「今後やりたいテーマ」のリストには入れておきたいなと思う。



運営面での反省点も沢山あった。
その中でも大きなものは、以下の2点。

●動き出しの遅さ
一人でやっている時とは違って相手のあることなのだから、自分が企画している時と同じようなペース配分で開催へ向かって行っても仕方がないだろと自分に言いたい。
その動き出しの遅さのために会の色々が遅れてしまえば、リーダー役の人も損だし、参加者も損だし、自分だって損な訳で、結局誰もいいことはない。

●リーダーとの距離のとり方
もう少し、細かいところまで詰めてゆくべきだったなと感じた。
こちらの勝手な判断で「どこまで関わろうか」という線引きをしてしまっていたのだが、ある程度そこの点についてお互いの共有がなければ、何かしらの不都合が生じた際に責任の所在が明確ではなくなってしまう。

こちらについてももっと自覚を持ってゆかねば、せっかく名乗り出てくれている人達に失礼になってしまう。

積み重ねるのは大変だが、崩れるのはあっという間だ。
気を抜くことなんか許されないのだというつもりで今後も臨んでゆかねばなと思う。
[PR]
by syohousen | 2010-03-31 20:18 | レポート(勉強会) | Comments(0)

色々なところで繋がっているのだなと、

先日、自分が発声を診させて頂いている
鍼灸師の方と話をした際に、

「施術の際、自分は患者さんから
 エネルギーを与えてもらっているんです」

ということを仰っていました。


患者さんからエネルギーを受け取り、
それを自らの施術によって再び患者さんへと還元させてゆく、、、

その循環によって、自らも患者さんも双方で
よい状態に導き合えてゆける時が、よい施術を行えた時である、と。


自分はその話を聞いて、大いに共感を覚えました。

まさに自分もそのような意識を持って
発声をはじめとした指導へと取り組んでいたためです。


やはり、色々なところで繋がっているのだなと、
しみじみ実感させてくれた素敵な考え方との出会いでした。
[PR]
by syohousen | 2010-03-30 23:45 | 指導について | Comments(0)

誠実に取り組んでいる人って、

やっぱり一つひとつの物事へと
誠実に取り組んでいる人というのは、
どんな状況であっても伝わってくる。

そして自分は、そういう人が好きだし、
そういう人に学ばせてもらっている。


いやはや、ありがたい話です。
[PR]
by syohousen | 2010-03-29 13:59 | つれづれと | Comments(0)

責任がなきゃ、

先日、自分が最も仲のよい女優さんであるUと

「今はもう、責任がなきゃ素直に楽しめなくなっちゃったよね」

という話になり、お互い共感してしまった。


そうなんだよなぁ、、、

特に芝居とか、もう、無責任には楽しめたりできないですよ。

今は「責任を果たす」ことが
最低限クリアできてないと無理ですよ、楽しむとか。


まあ、もしかすると当然のことなのかもしれないけどね。
[PR]
by syohousen | 2010-03-28 11:29 | つれづれと | Comments(0)

決して、関わりのないことではないはず

昨日、くすり箱の事務局長である小曾根さんから聞いたのですが、
この社会情勢の影響もあって『NPO法人 芸術家のくすり箱』への助成が
今年度までで打ち切られてしまう財団がいくつかあるそうです。


芸術家の健康面でのバックアップを行ってゆこうというこの活動が
今後盛り上がってゆくのか潰れてしまうのか、
それははっきり言って自分達のような芸術関係者にとっては
非常に重要なことであると思うし、決して他人事ではないと思います。

また、普段芸術活動とは関わりのない方であっても、
もしかしたら、このような活動が頓挫してしまうことによって
より良質な芸術作品に触れられる機会が損なわれてしまう
可能性だってないとは言えないと思います。


昨日、そのことについて色々と話していて行き着いたのは、
やはり企業のように大きな力を持った人達の支援も大事だけれども、
もっと身近な人達の、特に当事者である芸術関係者からの支援が
最も必要なことなのではないか、ということです。

支援する企業側だって、
当事者の賛同も得られないような活動に
おいそれとは支援できない訳だし、
活動そのものに意義深さがあったとしても、
そんな意義深い活動に興味を持たないような人達のためには
金を出したがらないのもそりゃあ当然の話だと思います。

逆に言えば、より多くの賛同者が集まることによって
この活動が盛り上がってゆくのならば、
自然と企業側も興味を持ち始めるかもしれないし、
こちら側としても支援を考えてくれるように仕向けていき易くなるはず。



たしかに若いうちは多少健康に気を配らなくても無茶できるし、
身体に関する訓練など行わなくても誤魔化せてしまうかもしれません。

しかし、一度怪我をしてしまったり身体を壊してしまったりした時に
このようなヘルスケアの重要性に気付くのでは遅過ぎですし、
また、10年後の自分が果たして今と同じように動けるのか、
今の生活を続けていて10年後も芸術活動を続けていられるのか、、、
それらのようなことを考えてゆけば、
この『芸術家のくすり箱』という活動の動向は、
まさに自分達に直結してくる問題であると思います。


ですから、もしこの活動の考え方に共感してもらえたならば、
会員としてでもいいし、サポーターとしてでもいいので、
是非とも協力して頂きたいです。

もちろん、芸術活動に携わっているかどうかというのは問いません。

とにかく共感して下さった方の一人でも多くの協力が、
この活動の今後を決定付けてゆくのだと思っております。


『NPO法人 芸術家のくすり箱』会員募集についてはこちら
http://www.artists-care.com/aboutus/member/

サポーター・寄付募集についてはこちら
http://www.artists-care.com/supporter/
[PR]
by syohousen | 2010-03-27 08:10 | つれづれと | Comments(0)

こうも寒暖の差が激しいと、

知らず知らずのうちに身体へのダメージが
蓄積されてきてしまうので、
本当に、体調管理が難しい。

今も、なんとなく自分の身体に、
不調をきたす前兆のような嫌な感じがある。

や、気を付けねば。
[PR]
by syohousen | 2010-03-26 10:30 | つれづれと | Comments(0)

次の出演が決まってみて、

昨晩、マームとジプシー主宰の藤田君から、
次回公演の出演オファーの連絡がありました。

まあ、迷うことなく受けたのですが。


その際に、今回の創作においては
「マームの作品は、どうしても女性が強くなってしまう」
という傾向をどうにかして打ち破ってゆこうということを
自分と藤田君との共通テーマにしたいという話になった。

まあ、それは別に悪いことではないんですけどね。


が、自分としては、
それは「女性が強い」ではなく
「男性が弱い」という受け取り方をしています。

や、実際は違うのかもしれないのだけれども。

しかし正直言って実際のことなどはどうでもよくて、
ただどちらの認識の仕方の方がより高いモチベーションで
創作へ臨めるかという一点のみで考え、
敢えてネガティブな受け取り方を選んでみました。

たまにはそういうやり方を採ってみるのもいいのかなって。

そんな感じで、利用できるものは
どんなに些細なものであってもとことん利用し尽くしつつ、
ひたすらに良質な作品を創り上げてゆく強い覚悟を持って
今回は創作へと臨んでゆこうかと。


ちなみに、その経過は雪の音ブログの「稽古場日記」にて、
稽古のある日は欠かさず更新してゆきますので、
もしご興味ありましたなら覗いてみて下さいませ。


あ、もちろん処方箋の活動の方も
これまで通り継続して行ってゆくつもりですよ。
[PR]
by syohousen | 2010-03-25 14:45 | つれづれと | Comments(0)

先ほど、

昨日個人レッスンにて声を診た鍼灸師の方から
「今日院長から声がイキイキしていると褒められました」
というメールが届いた。


物凄く嬉しいのと同時に、ほっと一安心。

その変化が第3者にも気付いてもらえて
初めて自らの声の変化に確信が持てる訳なので、
これも発声訓練には必要な段階なんですよね。


ただ、個人的な反省点は沢山あった。

正直言ってあの変化は
当人の真摯な姿勢と素直な身体のお陰であって、
自分は完全にそれに助けられていた。

だからむしろ感謝しなきゃいけないのは自分の方。
色々と新たな発見も与えてもらったし。


それだけに、フィードバックをしっかりしてゆかねば。

いつまでも「助けられていた」では、
真摯な姿勢で取り組んで下さっている先方に対して申し訳が立たない。
[PR]
by syohousen | 2010-03-24 15:11 | つれづれと | Comments(0)

ふと感じたこと

国会中継を見ていて、
議員の人が発する「国民」という言葉の響きに
違和を感じてしまう人と感じない人がいる気がするが、
その差って結構大事なことなんじゃないかなって思う。

まあ、明らかに前者の方が多いように感じてしまうのが、
当の国民である身としては寂しいところなのだけれども、、、
[PR]
by syohousen | 2010-03-23 15:02 | つれづれと | Comments(0)

些細なことを変えてみるだけでも、

なんとなく、自分を取り巻く周囲の環境が
重苦しく感じるようになってきたような気がする。

まあ、もしかしたら
単なる思い過ごしなだけなのかもしれないけれども、
たとえそうであっても、やれることはいくらでもある。


とりあえず、人と接する際には
声をすっきり出せるようにすることを心掛けてみよう。

また、その音も、マイナーコードではなく
メジャーコードの響きを持たせられるよう意識してみよう。


たぶん、そんな些細なことを変えてみるだけでも、
不穏な空気に変化が生まれてくるかもしれない。

そして、その変化の中から、
今の状況を打破するためのきっかけを見い出せるかもしれない。

まあ、もし変わらなかったら、
その時はその時で
また違ったアプローチを考えてみればいいかなと。
[PR]
by syohousen | 2010-03-22 19:08 | 声・身体について | Comments(0)