カテゴリ:WS・勉強会・セミナー情報( 35 )

定期診断・寺子屋

【活動情報】
◆◇◆声と身体の定期診断◆◇◆

■次回診断日 → 2016年8月26日(金)18:00~21:00
※遅刻・早退、単発での参加も可です
■会場 → せんだい演劇工房10-BOX box-6(仙台市若林区卸町2-12-9)
■診断費 → 一般 2,000円/高校生以下 1,000円(後日、処方箋メールを送付します)
◆対象 → 声で悩みを持っている方、自らの声の現状を診て欲しい方(職種不問)

≪今後の開催予定日≫
9/23(金)、10/28(金)、11/18(金)、12/23(金・祝)のいずれも18:00~21:00


俳優って?を考え続けてゆくための寺子屋

■次回開催日 → 2016年8月5日(金)18:00~21:00
※遅刻・早退、単発での参加可。
■会場 → 大和コミュニティセンター(仙台市若林区大和町2-9-15)
■料金 → 一般 1,500円/高校生以下 500円
◆対象 → 俳優としての継続的な訓練の場を望む方

≪今後の開催予定日≫
9/2(金)、10/14(金)、11/11(金)、12/9(金)のいずれも18:00~21:00


●申込み方法●
【題名】 定期診断or寺子屋の申し込み
① お名前(ふりがな)
② 希望日時
③ 職業、もしくは普段行なっている活動
④ 連絡先
⑤ 今、自分が獲得したいと思っている声※
⑥ 使用したいテキストの有無(ある場合は具体的に)※
※⑤、⑥は、定期診断の申し込みの場合に明記下さいませ

を明記したメールを、
syohousen.y@gmail.com宛にご連絡下さいませ。
[PR]
by syohousen | 2016-12-31 00:00 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

俳優って?を考え続けてゆくための寺子屋・2015年度上半期

俳優って?を考え続けてゆくための寺子屋・2015年度上半期

【開催日】
【開催予定日】
《6月》
・13日(土)14:00~17:00
・22日(月)18:00~21:00
《7月》
・11日(土)18:00~21:00
・20日(月)14:00~17:00
《8月》
・1日(土)14:00~17:00
・17日(月)18:00~21:00
《9月》
・5日(土)14:00~17:00
・21日(月)18:00~21:00
※遅刻・早退可。

【会場】
仙台市内公共施設(お申し込み後、メールにてお知らせいたします)

【料金】
一般:1コマ/1,500円
高校生:1コマ/500円

■対象:俳優としての継続的な訓練の場を望む方

■定員:15名(定員に達し次第申し込みは締め切らせて頂きます)

●申込み方法●
【題名】 寺子屋の申し込み
① お名前(ふりがな)
② 職業、もしくは普段行なっている活動
③ 連絡先
④ 参加希望の日

を明記したメールを、syohousen.y@gmail.com宛にご連絡ください。

■申し込み締切:開催日当日の13:00まで

この活動の主な目的としては、

・日常生活で崩れた身体バランス等の調整
・肉体訓練
・身体感覚の鋭敏化
・外界(他者、空間など)との関係性に関する気付きの促進
・言葉(テキスト)との向き合い方の検証

などという、演出と向き合う以前の段階での「俳優としての基礎力」を養うための訓練を、継続性を持って行ってゆける場を設けようというものです。

行うエクササイズの内容は、その時に集まったメンバーの状態や人数、また、開催する空間といった諸状況を横山が見極めつつ流動的に決めてゆくことになります。

その大まかな進行をそれぞれ説明致しますと、

【前半】
日頃の自らの生活のフィードバック
→現在の自らの身体を見つめ直す
→空間へと向き合う
→身体のメンテナンス
→必要に応じた肉体強化訓練
→フィードバック
※順番は前後することもあります。
※一つひとつのエクササイズの中でも細かくフィードバックは入ります。

【後半】
簡単なエクササイズを行いつつ、そこへこちらから少しずつ負荷を増やしてゆくことによって、実践の場で直面するであろう状況を疑似体験してもらい、そこから参加者一人ひとりが自分なりの発見を見出してもらう。

となります。

より具体的な内容を知りたい方はこちらのレポートを参考になさってください。

継続性を持った鍛錬を積んでゆきたい方、俳優としての基礎を見直してみたい方、是非ご参加ください。
[PR]
by syohousen | 2015-09-21 21:00 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

横浜市泉区民文化センター・テアトルフォンテ付属劇団『劇団エルブ』対象WS

テアトルフォンテ付属劇団『エルブ』対象WS

横山がトレーナーを務めます
横浜市泉区民文化センター・テアトルフォンテの付属劇団
『劇団エルブ』さん対象の俳優向けWSですが、
今回から外部の方からも参加を受け付ける事となりました。

もしご興味ありましたならば是非どうぞ。

■開催日 → 11/24(土) 13:30~17:30
        ※要予約。遅刻・早退可。
■会場 → 横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ・創作室
       (相鉄いずみ野線「いずみ中央駅」下車すぐ)
■料金 → 2000円

◆対象 → 俳優、或いは演劇体験を望む方であればどなたでも

●申込み方法●
【題名】 フォンテWSの申し込み
① お名前(ふりがな)
② 職業、もしくは普段行なっている活動
③ 連絡先

を明記したメールを、
prescription_voice@yahoo.co.jp宛にご連絡下さいませ。
[PR]
by syohousen | 2012-11-24 13:30 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

【第2期】勉強会メンバー募集のお知らせ

『声と身体の処方箋』勉強会とは、

「上演を目的とせず、また、演劇というジャンルにとらわれない発想で、
 純粋な“お稽古事”を目的とした稽古場があってもいいのではないか」

という考えの元、発足した取り組みです。


なお、そのシステムも極力シンプルにし、且つ参加メンバーの方々にも
無理なく関わって頂けるような、負担のかからないものに設定しておりますので、
ご自身の都合に合わせた参加の仕方で構わないようになっております。


また、特に会費も設けておりません。

何かしらのことを行おうとする際に、
その必要に応じて参加費を徴収するような形で行っております。


詳しくは勉強会の概要を読んで頂ければと思いますが、
まあ、簡単に言ってしまえば、まずはじめにメーリングリストに登録して頂き、
そのメーリングを利用して「○○したい人、この指とまれ」と呼びかけ
気軽に人が集まれるような場を作ってみようか、ということです。


これまでに行ってきた活動及びML利用法をいくつか挙げてみますと、

●WSの実験を行いたい人がメンバーを集め、試し、意見交換を行う『WS実験室』
●定期的に集まり、既成の戯曲などのテキストを声に出して読む『読み会
●「自分の書いた戯曲を読んで貰い、ブラッシュアップに繋げたい」
 という劇作家さんの要望に応える『○○さんの戯曲を読む会』
●月末に集まり、その月を振り返ったりメンバーとの交流をしたりする『ふりかえりの会』
●MLを利用しての情報交換、告知、募集など
●メンバーの活動や、お薦めイベント等の情報を当ブログ内にて掲載

などなど、、、

住んでいる場所が関東圏でないために直接勉強会へと
参加できないような方であったとしても、
メーリングリストでの情報交換や他業種の方との交流などを
目的としてご参加頂くことも大歓迎です。


過去の勉強会の様子もレポートしております。
詳しくはこちらでどうぞ。

【申込方法】
prescription_voice@yahoo.co.jp宛に、
以下の情報を記載したメッセージを送って下さい。

■題名「勉強会の申込」
 ① お名前(ふりがな)
 ② 職業、もしくは普段行なっている活動
 ③ 連絡先

なお、ご質問等も受け付けております。

もし、多少なりともご興味抱かれたならば、是非ともご参加頂きたく思います。
[PR]
by syohousen | 2012-10-01 00:00 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

江野澤さんの戯曲を読む会

◇◆◇江野澤さんの戯曲を読む会◇◆◇

■作家兼ファシリテーター:江野澤 雄一

【開催日時・会場】
・日時:6/29(金)18:30-21:30
・会場:落合第二地域センター

【読み会内容】
・本読み
・ディスカッション

*ディスカッションの内容
・戯曲の良いところをあげる
・作者への質問
・作者から参加者への質問
・フリートーク

【戯曲内容】
≪タイトル≫
『自殺未遂倶楽部』

≪場所≫
・ダム湖の湖畔に建設されたラブホテルの廃墟

≪人物≫
・十人の女
・全員が同性愛者

≪内容≫
遊園地に遊びにきた女二人連れ。
女Aが腹痛のため車の運転が出来なくなり、
二人はラブホテルに泊まることになる。
女Bがある告白をする。

しばらく会っていなかった二人の女がラブホテルにやってくる。
女Aは同性愛者であることを周囲にカミングアウトして、
女Bがそのことを止めようとしたので二人の仲はギクシャクしていた。

女Bの母親が死ぬ。
葬式を抜け出して二人はラブホテルにやってくる。
女Bは女Aにカミングアウトすることがあると言う。

それから数年後。

廃墟となったラブホテルの一室で女たちが集団自殺をしようとしている。
だが、それは一人の人物を騙そうとする狂言自殺なのだった。

テーマとして「同性愛」「自殺」を扱っています。
一部にやや過激な表現がありますのでご了承ください。


以上です。
参加締切はそれぞれ前日の23時までとします。

参加される方は、
prescription_voice@yahoo.co.jp宛てに、
以下の情報を記載したメッセージを送って下さい。

■題名「読み会の申込」
①氏名 ②連絡先 ③参加日時 ④遅刻の有無


それではよろしくお願いいたします。

江野澤 雄一
(Twitter) → https://twitter.com/ponponys
(劇団Web) → http://chindereraliberty.jimdo.com/
[PR]
by syohousen | 2012-06-29 18:30 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

【読み会】新作戯曲の試食会

この度、『声と身体の処方箋』勉強会内の取り組みである
『読み会』を利用して新作戯曲の試し読みの場を設けることとなりました。

より多様な方の意見をお聞きしたく、今回は参加者の公募を行わせて頂きます。

以下に詳細を記載致しますので、
もしご興味持たれた方は是非お申し込み下さりませ。

【テキスト(2作品)】
・『惑星さがし』(キャスト9名)
 作:土路生真隆
・『かえるくん、東京を救う』(キャスト3名)
 原作:村上春樹
 作:土路生真隆
※場合によっては(集まり具合や男女比など)テキストが変更になる可能性もあります

【会場】
・落合第二地域センター(落合南長崎駅徒歩5分)

【日時】
・2011年12月27日(火)18:00~21:30
※集合時間等は開催日前日に参加者へ直接お伝え致します

【参加費】
・無料

★お申し込み方法★
【題名】 「新作戯曲の試食会」の申し込み
① お名前(ふりがな)
② 希望日時
③ 職業、もしくは普段行なっている活動
④ 連絡先

を明記したメールを、
prescription_voice@yahoo.co.jp宛にご連絡下さいませ。
[PR]
by syohousen | 2011-12-27 18:00 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

勉強会メンバー情報等のお知らせ板を作りました

勉強会メンバーの活動情報及びお薦めイベント情報の
お知らせ板のようなものを作成致しました。

どのような方々が勉強会に参加しているのか、
こちらで確認できるようにしようかと思いまして。


もちろんこちらに載っている方以外にも沢山の方が参加しておりますし、
今は演劇関係の情報が中心になっておりますが、
今後はジャンルに縛られないような情報の提示の仕方も考えてます。

また、ここから色々な発想の拡がりを生み出せるような
仕組みについても現在色々と思案中です。


まあ、とにもかくにも勉強会のメンバーはまだまだ募集中です。

もし少しでも勉強会へ興味をお持ちの方がいらっしゃりましたなら、
どんなジャンルの、どんな業界の方でも大歓迎ですので是非ご参加下さりませ。


なお、勉強会についての詳細と、お申し込み方法はこちらでご確認下さりませ。
[PR]
by syohousen | 2011-07-13 11:27 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

【勉強会】戯曲のブラッシュアップのためのリーディングワークショップ

◆声と身体の処方箋・勉強会◆

戯曲のブラッシュアップのための
リーディングワークショップ

声と身体の処方箋勉強会に参加しております江野澤雄一と申します。

私が企画しますリーディングワークショップを勉強会の場をお借りして開催します。
ぜひ参加のご検討をお願いいたします。

【リーディングワークショップの主旨説明】

昨年の5月に行われたリーディングワークショップで使用した拙著【海までの長い距離】を、当時の参加者の意見を参考に約10ヶ月の期間をかけ【わたしが生まれた日】として大幅に改定しました。

時間がかかってしまいましたが、再度リーディングワークショップを行うことで戯曲をより精度の高いものにしたく今回の企画を提案しました。

以前に参加された方にも、今回が始めての参加の方にも生まれ変わった戯曲をお読みいただければ幸いです。

【リーディングワークショップ内容】

〈題名〉
わたしが生まれた日

〈人物・キャラクター〉
男 1名
女11名
計12名

心中を決意した男女
赤ん坊をラブホテルに捨てた母親
廃墟で誕生日を祝う女たち
女たちに捕らえられた自殺志願者の女
浮浪者の女
母を探す女

〈場所〉
ラブホテルの廃墟

〈概要〉
森に囲まれた湖。湖畔にはレジャーランドがあり、休日ともなると多くの来園者で賑わう。森は自殺の名所として知られている。

ラブホテルの一室には心中を決意した男女がいる。男女は心中をするため部屋を出るが、自分たちの部屋の前に捨て置かれた赤ん坊を発見する。

数年後。ラブホテルは閉鎖され廃墟となっている。ラブホテルの一室では森で自殺を遂げようとして果たせなかった女たちが年に一度集まってひらかれる『誕生日会』が行われている。女たちはケーキを食べると森に自殺志願者を捕まえに行き、自分たちの新しい仲間に加えるのだった。

捕まえた自殺志願者を仲間に加えようとしている時、一人の女が現れて言う。

『母を知りませんか』

ラブホテルという場に囚われた女たちの悲喜劇ーーー

【当日の流れ】
(1) 本読み
(2) 作品について良いと思うことを発言する
(3) それについて話し合い
(4) 作品について悪いと思うことを発言する
(5) それについて話し合う
(6) 作家から参加者への質問
(7) 再度の本読み
(8) 一回目の本読みから印象が変わったかどうかを話し合う
(9) 時間があれば再度の本読みor時間がなければ全体のまとめ


欧米ではリーディングワークショップの開催は劇作家が作品を発表する場として有効に機能しています。日本でも日本劇作家協会が主催する【月1リーディング】など、各地で盛り上がりを見せています。
ぜひこの機会にご参加ください。

【日程】
3月26日(土)13時ー17時 4時間

タイムスケジュール:
集合 12時45分
開始 13時
終了 17時

集合場所:小田急線「喜多見駅」

【料金】
参加費無料

【会場】
■『岩戸地域センター』(狛江市岩戸南2-2-5)
※小田急線「喜多見駅」より徒歩15分
[部屋名]地下会議室

【服装・使用するもの】
服装は自由です。
筆記用具をご持参ください。

【定員】
男女2人以上

【備考】
・男性参加者が多数の場合には戯曲の特性から一人にお読みいただく時間が短くなると思われます。ご了承ください。
・戯曲の内容には少々過激な表現が含まれます。
・激しい動きはしません。

以上がリーディングワークショップの概要となります。

参加希望の方は題名に『リーディングワークショップ参加』
本文に『氏名 メールアドレス 電話番号』をご記入の上、
prescription_voice@yahoo.co.jp宛にメッセージをお送り下さい。
遅刻、早退の連絡がある場合にはあわせてご記入下さい。

こちらからの返信をもちまして参加完了となります。

よろしくお願いします。

江野澤雄一
[PR]
by syohousen | 2011-03-26 13:00 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

【勉強会】『バスケWS試食会』【参加メンバー募集】

3~4月辺りに、勉強会主催でどこかの体育館(都内)を借りて
バスケをしてみようかなと思っておりまして、
その参加形式も自由参加としますので、こちらでもお知らせ致します。


とりあえず今回は場所だけ借りてみて、
その場の状況に応じて色々試してゆこうかなって感じで考えているので
「バスケがしたい!」という意思さえあれば
バスケ経験の有無を問わずどなたでも大歓迎です。

現時点で参加を表明して下さった数名の方も皆バスケ経験は皆無とのことで、
「パスを受けられるかどうかも不安、、、」と言っておりました。

しかしそっちの方が自分にとっては好都合というか、
できることなら参加者のバスケ技術にはバラつきがあって欲しかったりします。

というのも、実は、ここでの成果を元にして、
自分は後々バスケを媒体にしたワークショップ(以下WS)を
開催したいなと考えているためなのです。


自分の中でWSというものは、
「教える、教えられる」の関係で成立している
学校での授業とはやはり違っていて、
WSリーダー(正確にはファシリテーター)である自分自身も
参加者と一緒にその扱っている事柄についてを考えてゆく中で、
各々の技術の巧拙を越えたところでの楽しみ方についてを探り、
発見してゆける場のことだと思っております。

技術の習得、という点ではバスケ教室には劣るかもしれないけれども、
巧い人もそうでない人も、お互いから様々なことを学ぶことができる。

それがWSという場の特性だと思ってますし、
だから自分もそのための仕掛けを色々と用意しておりますので、
参加の際に経験や技術はあまり気にしなくて大丈夫です。



という訳で、このバスケWS試食会へと参加を希望なさる方、
声と身体の処方箋宛(prescription_voice@yahoo.co.jp)に

タイトル:「バスケWS試食会参加申し込み」
本文:①お名前②ご職業③連絡先④3~4月で参加できそうな日程

を明記したメッセージをお送り下さいませ。


仮に3~4月の予定がまだはっきりしないのならば、
参加の意思と大体の予定だけを伝えて頂く形で構いません。

締め切りは今週木曜(2/10)の24:00迄とします。


一応、それ以降の申し込みも随時受け付けてゆくつもりですが、
体育館を抑えるとなると早め早めに動いてゆかねばならないため、
開催の日程や時間帯などで希望に沿えなくなってしまう
可能性があることを予めご了承下さりませ。

できれば来週中には会場を抑える目処を立ててしまうつもりです。


ちなみに参加費は、1人当たり1500円程度で考えております。

但し参加人数が多くなったならばもう少し安くできるかと思います。

定員は15~20名くらいで考えてます。



なお、開催日と会場が決定しましたら
改めてこちらのブログに概要を掲載致します。
[PR]
by syohousen | 2011-02-11 00:00 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)

◆声と身体の処方箋・定期勉強会◆ 【WS実験場】『真似について色々』

◆声と身体の処方箋・定期勉強会◆

【WS実験場】
『真似について色々』

【テーマについて】
今回のテーマは「真似」です。

とは言っても、この「真似」は芸能人等の物真似のことを
指している訳ではありません(まあ、それも含まれてはいますが)。

例えば、

姿勢とか、
重心の位置とか、
動きの質感とか、
声の響きや呼吸の位置とか、

そういったものを真似してみることで、
今までの自分では気付くことのできなかった感覚を
発見することができるかもしれません。

また、人間には目の前の他者の身体状態に
自らの身体を同調させてしまう性質を持っていて
(脳科学で言うところの「ミラーニューロン」の影響だそうで)、
実は知らず知らずのうちに他者の真似を行って生きていたりもします。

今回は、そんなことも自らの身体で
再確認できるようなメニューを行ってゆくつもりです。

ゲーム感覚で楽しみつつ取り組んでゆけるものを考えているので、
どうぞお気軽な気持ちでご参加頂ければと思います。


【日程】3/11(木)18:00~21:30

【会場】世田谷区内公共施設(前日に改めてお知らせします)

【服装・使用するもの】
■使用するものは特にありません
■動き易い楽な服装

【対象】職種・年齢不問

【定員】8名(定員に達し次第、受付を締め切らせて頂きます)

【参加費】無料

【申込方法】
prescription_voice@yahoo.co.jp宛に、
以下の情報を記載したメッセージを送って下さい。

■題名「勉強会、お試し参加の申込」
 ① お名前(ふりがな)
 ② 職業、もしくは普段行なっている活動
 ③ 連絡先
[PR]
by syohousen | 2010-03-11 18:00 | WS・勉強会・セミナー情報 | Comments(0)