2008年 10月 26日 ( 1 )

10/25(土) 半歩WSレポ

10/25(土)9:00~12:00 半歩先へ進むためのワークショップ @九品仏地区会館

【天候とその印象】
●曇り
・重いというよりも静か
・音がよく聞こえる

【空間への印象】
●WS前
・とにかく変な空間だなという印象しかなかった
・広いのか狭いのか、はっきり認識しにくい
●WS後
・外の風や音が、意外と多かった事に気付いた
・壁が布っぽい手触りだったり、カーテンがパリパリしてたりと、見た目では分かりにくい素材のものが多かった

【身体状況】
●WS前
・下半身が重いのに重心が高くて、肚周辺がぽっかり空いてしまっている変な感覚
・腹の中がごろごろしてる
・膝が突っ張っている
●WS後
・身体の真ん中に意識が集まって、芯ができた
・全体的に感覚のアンテナの感度が鋭くなった
・実は腰が痛かった事に気付いた

【本日のメニュー】
■今の身体状況を言葉にして垂れ流す
■空間にある数えられるもの数え(2分間で)
■空間内で自分の好きなポジション&アングルをひとつ決め、それを他の人にガ
イドする

■己の身体と対話しながら、身体にかかっているロックを一つひとつほぐしてゆ

■開いた身体にするためのチェックポイントをひとつずつ確認しながらほぐす

■壁に手を添えた状態で、片足ずつ自分で揺する
■二人一組になり、相手の片足を持ち、肚の辺りまでを波紋を広げてゆく意識で
揺する
■もう一度自分で片足ずつ揺する

【本日のレポート】
2週間ぶりの参加。

今日は、自分の客演先の公演も近いせいか、精神状態としては悪くはない状態で参加できた。
気負い過ぎず、かといって軽過ぎず、適度に肩の力が抜けていたので、あまり色々な雑音や自意識等に集中が遮られる事がなかった。
ただ、抜いた中にもある程度の緊張感は存在していたからうまく回ったのであって、調子に乗ってこれ以上抜きすぎると危険であるという事は肝に命じておくべきである。

さて、本日のWSでもとても多くの発見があったのだが、明らかに以前よりもその発見しているものが細かくなってきているのが自分でも分かる。
発見をもたらしてくれているのは何なのであろうか、、、自分なりに考えてみたのだが、近頃強く感じているのが「他者、或いは外界との向き合い方」に尽きるのではないのだろうか、と思う。
自分以外の存在との間にあるものを信じ、それを共有できるかどうかで見えてくる世界が違ってくるのだなという実感を持てる機会が増えたために、そう思うようになったのだ。

相手からの一つひとつの働き掛けに対して、感謝なり何なりのレスポンスが自然に行なえるようになってきている事を、今日のWSで感じた。
それはきっと、非常によい傾向なのであろうと思う。
[PR]
by syohousen | 2008-10-26 00:19 | レポート(外部受講) | Comments(0)