継続

先ほどのランニング中、ふとした瞬間に、
自分の走るフォームを掴んだような気がしました。
正確にいうと、着地の感覚を掴んだ実感があったのです。
(ただし蹴り出しはまだ甘いように感じてますが)

普段からなんとなく走るのではなく色々と具体的に試しながら
走るようにしているのですが、今日の気付きは
自分の身体にかなり大きな影響を与えてくれました。

まず、前のように膝が痛むことがなくなりました。
たしかに下半身の疲労具合は以前より増したように感じるのですが、
それも疲労が下半身全体に広がったという感じで、
不快感のある疲労感ではありません。
また、身体の左右のブレが小さくなり歩幅も安定し、
走るスピードもだいぶ上がりました。

自宅にいて晴れている限りはほぼ毎日(体調崩し休んだりもしましたが、、、)
走るようにし始めてから約半年、
ここまで続けてやっと気付くものというものもあるのですね。

この半年が長かったのか短かったのかは分からないけれども、
やはり継続というものはとても重要なことなのだなと強く実感しました。

すぐに結果が出ないようなことであっても、腐らず地道に続けてゆくことこそが
何よりも大切なことなのでしょう。
逆に言うならば、簡単にできてしまうがために続けることをやめてしまうことの
怖さも同時に感じさせられもしました。


自分の信じているものくらいは、
目先の結果に左右されることなく続けてゆきたいものです。
[PR]
by syohousen | 2009-01-05 09:39 | つれづれと | Comments(0)
<< 【第21回】声と身体の定期診断 駅伝の魅力 >>