活動履歴

◆2006年◆
10月 『声と身体の処方箋』 始動
11月 声と身体の処方箋WS #1 @BankART studio NYK Studio9

◆2007年◆
8月 声と身体の処方箋WS #2 @みらい館大明、他
11月 声と身体の処方箋WS #3 @みらい館大明
12月 「声と身体の定期診断」 スタート

◆2008年◆
6月 劇団 山猫と紅葉 第7回公演 『光と光の中』(「フィジカルサポート」での参加)
7月 個人レッスンスタート
8月 主宰・横山真が『芸術家のくすり箱』 事務局スタッフへ
11月 勉強会スタート

◆2009年◆
4月 「声と身体の定期診断」が毎週開催に
11月 勉強会にて「ドラマリーディング実験場」開催

◆2010年◆
5月 勉強会にて外部向けの企画「戯曲リーディングワークショップ」開催
6月 「俳優って?を考え続けるための寺子屋」がスタート
7月 勉強会にて外部向け企画「一日完結ワークショップ」開催
10月 勉強会内の活動として「読み会」がスタート
11月 勉強会内の活動として月イチ企画「ふりかえりの会」がスタート

◆2011年◆
5月 横浜市泉区民文化センター・テアトルフォンテ付属劇団『劇団エルブ』を対象とした「俳優のための声と身体のワークショップ」開催(以降2012年11月まで実施)
9月 主宰・横山が『二子玉川商店街 青空アート&マート』実行委員に
12月 勉強会が協力態勢をとっていた「箱」プロジェクト連続公演 第一弾 『少女Aの帰還』上演

◆2012年◆
1月 勉強会内の活動として「○○さんの戯曲を読む会」がスタート
10月 文化庁芸術家派遣事業「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」で鹿野小学校を対象に「言葉で遊ぼう!」を実施
11月 『二子玉川商店街 青空アート&マート』の二代目ラクガキ隊隊長に
12月 活動の拠点を仙台へと移す

◆2013年◆
1月 主宰・横山が『C.T.T.sendai』事務局員に
4月 「劇の遊び場」スタート
6月 せんだい若者サポートステーション内プログラム「コミュニケーションワークショップ」のコーディネート業務を『声と身体の処方箋』で請け負うことに
6月 宮城県農業高校にて演劇ワークショップ実施
7月 榴ヶ岡老壮大学にて演劇ワークショップ実施
7月 東北学院大学演劇部メンバー対象にワークショップ実施
7月 宮城県高校演劇部総合研修会の「演技術入門」講師に(以後継続して担当)
8月 ピッコリせんだい「こどものつくるまち」の説明劇の作・構成・演出を担当(次年度まで担当)
8月 劇団ひまわり仙台エクステンションスタジオ講師(主に幼稚部と初等部)に
9月 舞台活動団体『何応』主催の「何応Step2,5ワークショップ祭2013」へ“言葉”担当のファシリテーターとして参加
11月 多夢多夢舎主催イベントである『たむたむいれぶん』内プログラムとして「ラクガキ隊」実施
11月 仙台工業高校にて「コミュニケーションワークショップ」実施(次年度まで実施)

◆2014年◆
1月 文化庁芸術家派遣事業「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」でそらのこ保育園を対象に「声で遊ぼう」を実施
4月 せんだい若者サポートステーション「劇的ワークショップ」担当講師に
5月 東北学院大学演劇部メンバー対象にワークショップ実施
6月 主宰・横山が『NPO法人アートワークショップすんぷちょ』副代表に
6月 主宰・横山が『おはようシアター』メンバーに
8月 文化庁芸術家派遣事業「文化芸術による子供の育成事業」で白百合学園高校・仙台商業高校の2校を対象に「コミュニケーションワークショップ」を合同で実施
7月 すんぷちょ/多夢多夢舎の主催で開催の『とびのこアートフェス』実行委員長に(同フェスへは「ラクガキ隊」としても参加)
10月 高校演劇コンクール宮城県北部地区大会の審査員に

◆2015年◆
2月 文化庁芸術家派遣事業「文化芸術による子供の育成事業」で南光台児童館2を対象に「ラクガキ隊」を実施
2月 名取市のシニアを対象とした発声ワークショップを実施
4月 北海道芸術高校・声優コースの演技講師に
6月 「名取市民劇団あっぺとっぺ」顧問に
8月 すんぷちょ主催「えだみつアイアンキッズシアター」にて演劇部門を担当
12月 宮城野区文化センター主催「みやぶん演劇学校」ファシリテーターに(以後継続して担当)

◆2016年◆
1月 文化庁芸術家派遣事業「文化芸術による子供の育成事業」で東北生活文化大学高校を対象に「コミュニケーションワークショップ」を実施
2月 舞台スタッフ・ラボ×みやぶん演劇学校=パトナシアター演劇公演『わたしの家』へ作品提供
3月 主宰・横山が「せんだい月いちワークショップ」実行委員に
4月 スターダストプロモーション仙台営業所の演技講師に
5月 「いつも楽しいbreakthrough」主催での発声WSファシリテーターを実施
5月 タピオ館立オープン大学にて、発声講座「声が変われば生活も変わる!声で遊ぼう!」を実施
7月 テアトルアカデミー仙台校の演技講師に
8月 三桜高校・尚絅学院高校の演劇部を対象に合同ワークショップを実施予定
[PR]
by syohousen | 2001-01-05 00:00 | 声と身体の処方箋とは
<< 『声と身体の定期診断』について 主宰プロフィール >>