「物事をシンプルに捉える」って、

思うんだけど、
物事を無理矢理単純化させようっていう発想そのものが
事態を複雑にさせてしまっているんじゃないのか。

シンプルに物事を捉えようという
発想そのものは大切なことなんだろうけれども、
「物事を単純化させる」ということと
「物事をシンプルに捉える」ということは
似ているようで全然違うんじゃないかなって思う。

物事をシンプルに捉えるためには、
「現実の複雑さ」を踏まえた上で要点を整理整頓することが必要で、
その中でちゃんと「現実の複雑さ」を内包していなければ
それは「事実を自分の都合のいいように解釈している」だけになってしまう。

そこを混同してしまってはならないんじゃないかなぁって思う。
[PR]
by syohousen | 2011-05-27 10:32 | ものの見方・捉え方について
<< 「日常を取り戻す」って、こんな... 5/25(水) 寺子屋レポ >>