高め合い、を望みたいのだが、どうだろうか

足の引っ張り合いよりも、
高め合いをやって欲しいよなって思ってしまう。

別にどこがとかではなく、
どの世界でも、そうあって欲しいなって。

でないと、これからに何の希望も持てやしないよ。


足を引っ張り合って全体の水準を下げ続けているからこその
今の世のこの閉塞感なんじゃないのか。


そもそも、相手の価値を下げようとするのは、
自分がこれ以上向上できないんだってことを認めているからなんじゃないのか。

本当に自信のある人間ならば、
ライバルが強ければ強いほど、それと競い合うことで
自分もより高みへと至れるんだってことを知っている訳で、
だから、ライバルには常に強くあって欲しいと願うんじゃないか。


まあ、綺麗ごとだと言われてしまえばそれまでだけど、
でも、卑屈になって何も動かずに状況を嘆いているよりかは
ずっと建設的な発想なんじゃないかと思う。

貶め合いと嘆きからは何も生まれやしないし、
状況は何にも変わりはしないのだから。
[PR]
by syohousen | 2010-07-09 22:10 | ものの見方・捉え方について | Comments(0)
<< 己の意思を表したいのなら、 7/7(水) 寺子屋レポ >>