好きでなければ、

野球において投手は、登板時にはまず完全試合を目指し、
試合の展開によってノーヒットノーラン、完封、完投勝利、勝ち星と
目標を修正してゆくと聞いたことがある。

でもたぶん、完全試合を達成したとしても、
やっぱり反省点は沢山生まれてきてしまうんじゃないかなって思う。


なんか、そういうところが俳優と似てる気がする。

俳優も、たとえ本番で全てが稽古通りにうまくいったとしても、
どんなに自らの理想に近い状態で作品が成立したとしても、
そうしたらそうしたでやっぱり自分の足りない部分が見えてきてしまうと思うのだ。


まあ、だから飽きずに続けてゆけるのだろうけれども、
しんどいと言えばしんどくもある。

ほんと、好きでなければ続けられないことだよなってつくづく思う。
[PR]
by syohousen | 2010-07-01 14:41 | つれづれと | Comments(0)
<< 改めて、思ったこと 受け身では、 >>